× 閉じる

ヴェネチア・フィレンッエの文化とオスティアの海に触れ合う5泊7日旅行記☆

ヴェネチア・フィレンッエの文化とオスティアの海に触れ合う5泊7日旅行記☆

観光地だけでない、オスティアの素敵な海や、オスティア・アンティーカの隠れた観光スポットをご紹介!

桜金太郎さん桜金太郎さん
旅行期間7日間
旅行目的美術館・博物館 /ビーチ
旅行時期2017年06月20日
拍手数4拍手
旅行先 [イタリア
ベネチア
フィレンツェ
ローマ
イタリア その他の都市
[バチカン
バチカン
[千葉県
成田市
柏市
我孫子市
続きを見る
前へ

この旅行記の予算(1人の旅行)

移動110,000円
宿泊26,812円
食事40,000円
ツアー代0円
観光10,000円
その他50,000円
合計236,812円
(一人当たり 236,812円)

メモ

♪予算についての概算☆や、追記などなど♪

☆飛行機代
イタリア(アリタリア)→成田(往復)87500円

☆日本国内電車賃
柏→成田空港(往復)1860円

☆現地運賃代
リムジンバス(往復)120€←高いかもしれませんが、寄り道してくれたりするのでちょっとお得感ありです。
電車賃7.5€
水上バス20€
テルミニ→ヴェネチア(列車)ファーストクラス
4000円
ヴェネチア→フィレンッエ(列車)普通
2500円
フィレンッエ→テルミニ(列車)普通
2500円
↑4カ月前の予約のためかなりの破格!
通常はローマーヴェネチア     10000円弱
    ヴェネチアーフィレンッエ  5000円~
    フィレンッエーローマ     5000円~
(相場はその日によって変わります)

☆現地観光代☆ツアーは申し込んでいないので観光代のみです。
マ・カーナ44€ 
サンジョルジョ・マッジョーレ5€ 
ウフィッツ12€ 
サン・マルコ美術館4€ 
パラティーナ美術館8.5€
オスティア・オスティーカ遺跡8€+パンフレット3€

☆食費
メイン食事代+お茶代あわせて、約40000円ほど

☆宿泊費(2人分で出してます)
ローマ→4泊30400円
ヴェネチア→1泊13773円
フィレンッエ→1泊9450円
(2人でツインorセミダブルでの料金)
1人分だと割って26812円

☆その他
お土産や雑費など


☆姉とイタリアへ2人で旅行に行きました。☆

観光地においては、まず、行ったことがなかったヴェネチア・フィレンッエを一泊ずつ泊りました。

ヴェネチアでは、24時間の水上バスの停留所を間違えたりと、覚えるのに苦労しました。
しかし、人に聞きながらもなんとか乗り継ぎ、美しいヴェネチアの景色や建物ヴィエンナーレのお祭りなども堪能できました。

フィレンッエは、もともと美術が好きなので訪れた場所ですが、美術館が街の至る所にあり、まさに美術の歴史が溢れている街でした。
また、革の街としても有名なだけに革製品がたくさん安く売られており
お土産の財布や小物・ベルト・バックなど格安で購入できました。

(小さな猫のお財布は3€。ベルトは10€。オシャレバックは60€。
ショルダーバックは30€。革のジャケットは100€などなど☆)

ローマのバチカンが近いので通常ならローマ観光ですが、前回も行ったので今回はローマの中でも少し離れたオスティアという場所に行きました。

電車に乗って、オスティアのビーチを散策したり、オスティア・アンティーカの遺跡を見に行ったりと、日本ではメジャーな遺跡ではありませんが、保存状態がよく、町並みも整っているので、とても古くからある街だとは思えないほどでした。

旅行の計画を立てたのは、半年前でした。
そのため、空港券や列車の件が格安で手に入ることができました。
また、ユーロがまだ今より少し安かったことも幸いして、ホテルなども2人1部屋のセミダブルORツインでしたが、とても広く待遇もよかったです。

都市部に宿をとったので、スーパーや観光にも難なく行くことができました。
列車の100分の遅延はとても時間のロスでしたが、半額返金されたことと、
水上バスが夕方16時ちかくについたので、2日分の券が1日だけでよいと言われたので金額的には軽く済んでよかったです。

食事については現地の人に聞いたり、ホテルの人からの紹介もあってか、美味しいとことに行けたと思います。
サービスもよく、ボリュームも満点なところが多かったです。

フィレンッエで泊った、「ゲストハウスベルドォーモ」は、アパート?の3階に宿泊施設があります。(エレベータはありません)外で、チャイムを鳴らしていきます。階段が少しきついかなという印象です。
ですが、受付のおじさんはとても感じの良くで安心しました。
また、とても部屋が綺麗で、清掃が行き届いているのがよくわかりました。

ローマで泊った「ゲストハウス ペルセオ」においては、日本人の女性従業員の方が丁寧に、いろんなところを教えてくれました。
部屋も綺麗だし、安心して泊ることができました。

ヴァチカンにとても近いせいか?夜でも人がたくさんいたり、お店が多いので1人でフラッとバールに行って立ち飲みもしました。


リムジンバスの「アクロス ローメ」は、こちらで利用した方からの紹介ですが、運転手は気さくな男性で、片言の日本語でお話してくれたり、ジョークを言ってくれたりと、車内は笑いで包まれました。
料金体制もしっかりしているのでまた利用したいと思います。

ヴェネチア・フィレンッエの文化とオスティアの海に触れ合う5泊7日旅行記☆へのコメント

コメントを見る(4)

  • 桜金太郎さん 2017/09/21 12:45

    bordeauxさん 
    ありがとうございます(●^o^●)
    なんでも今年の11月までこの独特なアートのお祭りを開催しているそうで、屋根に豚が乗っていたりしました(笑)
    ちなみに2年に一度のお祭りみたいです。
    夜は、水面に反射する光がとても綺麗ですよー!
    まるで映画のような世界でした☆

  • bordeauxさん 2017/09/20 11:13

    ベネチアの手のオブジェ、すごい迫力。
    街中にアート作品たくさんあって楽しいですね!結構以外でした。
    夜の街並みは素敵そうですね~

  • 桜金太郎さん 2017/09/13 13:36

    コメントありがとうございます(^-^)
    前にも行かれたそうで、羨ましいです( ̄∇ ̄)
    私は今回初でしたか、イタリアでも地区によってたくさんの発見があり、とても楽しかったです。
    通常ジェラートが甘すぎ・量が多いのに、ここのは果物のジェラートがサッパリしていたのがよかったです。
    他にイタリアで何店舗か出しているお店なので、日本にも出して欲しいくらいです(^-^)
    是非今度行かれた際は食べてみてください(*´∇`*)

  • makoa187jpさん 2017/09/13 12:41

    ヴェネツィア、相当前に一度行きましたが、この旅行記を見ていたら、行きたくなってしまいました。
    バラの形のジェラート、見た目が面白いだけかな?と思いましたが、美味しかったのですね。

旅行記は参考になりましたか?(現在4拍手)

拍手する

旅スケTOP > ヴェネチア・フィレンッエの文化とオスティアの海に触れ合う5泊7日旅行記☆の旅行記