× 閉じる

東照宮の裏山に隠された氷の絶景☆アイス・ブルーの回廊で氷瀑アドベンチャー

東照宮の裏山に隠された氷の絶景☆アイス・ブルーの回廊で氷瀑アドベンチャー

厳冬の年にしか見ることの出来ない幻の絶景に会いに日光へ♪7.5時間、トイレ無しの雲竜渓谷トレッキングに挑戦しました~

animoさんanimoさん
旅行期間2日間
旅行目的自然 /家族旅行
旅行時期2018年02月11日
拍手数0拍手
コピーされた数0
旅行先 [栃木県
日光市
続きを見る

1日目 2018年02月11日(日)

  • 07:20

    雲竜渓谷

    朝6時半に滝尾神社の駐車場に車を置かせてもらう。早すぎたかと思ったが、7時には駐車場は満車となった。 雲竜渓谷へのトレッキング開始は7時20分。 まずは1時間の林道歩きだ。林道脇には車を停めることの出来る空間もあるが、この時期の林道は圧雪でツルツル。雪道運転が得意でないドライバーさんには林道運転はお勧めしない

  • 雲竜渓谷

    林道歩きは約50分で、そこから先は林間コースを歩く。林間コースはダラダラとしたつづら折りの山道で、その歩き時間も長く1時間20分で少し疲れる。

  • 雲竜渓谷

    洞門岩から先は冬山装備であるアイゼンが必須。簡易アイゼンでは不安があるので可能ならば12本爪のアイゼンがお勧め。

  • 雲竜渓谷

    駐車場から約3時間で、雲竜渓谷の最深部へと辿り着ける。氷の回廊が美しく見えるのはお日様が当たる時間帯なので、出来るだけ午前中の早い時間に到着するのが良い。

  • 雲竜渓谷

    大滝(雲竜瀑)への最後の登りは急登なうえ細い崖道を通るので、空身の方が危なくない。 地面もガチガチに凍っているため、トレッキング・ポールよりもピッケルの方がお勧め。

  • 14:40

    雲竜渓谷

    帰路の下りは、1時間半程度で駐車場までたどり着ける。

  • 夕刻

    滝尾神社

    滝尾神社には面白い鳥居があり、鳥居の真ん中に穴が開いている。 その穴の中に石を投げいれることが出来れば、願い事がかなうと云われていて、石投げに挑戦♪ コレが結構難しい。

  • ザ・ページェント

    この日のお宿はペンション;ザ・ページェント。 夕食がおいしく、9個の貸切風呂を売りにするお宿だ。 夕食時にはステーキとデザートケーキが食べ放題なので、家族ずれにもお勧め。

2日目 2018年02月12日(月)

  • 午前

    霧降の滝

    宿をチェックアウトした後は霧降の滝へ。 滝の展望台までの距離は300m程度だが、坂道に雪が積もりツルツルに凍っていたので足場が悪かった。

  • 憾満ヶ淵(カンマンガブチ)

    旅の締めくくりは化け地蔵がフォトジェニックな憾満ヶ淵へ。紅葉の頃も印象的な光景だが、厳冬期も白い雪の中に佇む緑色に苔むしたお地蔵様にぼうしの赤色がさし色となって、幽玄的な雰囲気を醸し出していた。

前のスケジュール 続きを見る

この旅行記の予算(1人の旅行)

移動0円
宿泊0円
食事0円
ツアー代0円
観光0円
その他0円
合計0円
(一人当たり 0円)

東照宮の裏山に隠された氷の絶景☆アイス・ブルーの回廊で氷瀑アドベンチャーへのコメント

コメントはまだありません。

スケジュールをカレンダーに登録する

iCal形式 Webcal形式

旅行記は参考になりましたか?(現在0拍手)

拍手する

旅スケTOP > 東照宮の裏山に隠された氷の絶景☆アイス・ブルーの回廊で氷瀑アドベンチャーの旅