× 閉じる

レンソイスからリオ✈レティシアのアマゾン河クル-ズで念願のリス猿に囲まれて

レンソイスからリオ✈レティシアのアマゾン河クル-ズで念願のリス猿に囲まれて

昨年はリスザルのIsala Micosが水没の為コロンビア行きを断念、今年は現地レティシアのホテルに問い合わせると観光可能との事でブラジルのレンソイスと合わせて観光しました。 

nontaさんnontaさん
旅行期間15日間
旅行目的自然
旅行時期2013年06月27日
拍手数7拍手
旅行先 [アメリカ
ニューヨーク(ニューヨーク)
[ブラジル
サンパウロ
サンルイス
ブラジル その他の都市
リオデジャネイロ
[コロンビア
ボゴタ
レテイシア
[兵庫県
伊丹市
[千葉県
成田市
続きを見る
前へ

この旅行記の予算(2人の旅行)

移動599,400円
宿泊194,440円
食事0円
ツアー代19,800円
観光63,000円
その他0円
合計876,640円
(一人当たり 438,320円)

メモ

今回の旅の目的
可愛いリスザルと触れ合ったり現地のコミュニティの人たちと触れ合う事が出来るコロンビアのレティシアのアマゾン河ツア-に参加する事。

コロンビアの旅と合わせて「2008年に青いラゴ-アと白い砂丘で感動したレンソイスの光景を今一度見てみたい!」という理由でブラジルもプランに組み込みました。

アマゾン河ツア-ではリスザルが肩や頭に乗ってくれ、手にしたバナナを食べてくれてファッとした手足の感触が何とも心地良くリスザルと触れ合いたいという念願が叶いました。
コミュニティの人たちと一緒にダンスをした事もいい思い出になりました。

レンソイスにおいては今年も昨年と同じく雨季の降水量が少なかった為思ったような景色を見ることは出来ませんでしたがとても懐かしく砂丘とラゴ-アを堪能しました。

南米への旅の際はアメリカからは運賃の割安なアメリカン航空を利用するのがほとんどですが今回はANAのウエブサイトでブラジルのサンルイスまでのチケットが予約購入出来たので利用便全てをスタ-アライアンズ系の航空会社でまとめられ利用合計マイル数が20000マイルとなり一回の旅に付きこれだけのマイルが加算されるのは初めてなのでちょっぴり嬉しくなりました。

レンソイスからリオ✈レティシアのアマゾン河クル-ズで念願のリス猿に囲まれてへのコメント

コメントを見る(5)

  • CЯEAさん 2019/01/13 22:58

    コメント今気付いてしまいました。コメントありがとうございます!デカメロンは宿泊の空きがなく、安いホテルに宿泊しそこで手配してもらいました。デイツアーでしたがイスラデミコスも行けて楽しめました!ありがとうございます

  • nontaさん 2018/12/23 12:14

    CᴙEAさん、レティシアのアマゾンクル-ズの旅スケに訪問頂き有難うございます。
    アマゾン・クル-ズはレティシア到着後に宿泊ホテルDecameron Decalodge Ticuna(デカメロン・デカロッジ・ティクナ)に入っている旅行社に申込みました。
    他のホテルの客もそれぞれの宿泊ホテルで申し込んでデカメロン・デカロッジ・ティクナに朝に集合して出発します。
    レティシア到着後で十分にも申し込めます。

  • CЯEAさん 2018/12/22 19:26

    レティシアのリスザルのツアーはどこから申し込まれましたか?ホテルかツアーサイトご存知でしたら教えていただきたいです!

  • nontaさん 2013/07/22 04:29

    のり-たさん、コメントありがとうございます。
    サンルイスもBarreirinhasもどちらとも5年前とは随分様変わりしていました。
    5年経つと変わってしまうんですね。どうしても以前の風景を求めてしまいます。
    タバティンガ港にはマナウス行きだろうと思われる客船が停泊していました。
    蓮、小さなカエルに変身して乗ってみたいですね。

  • のりーたさん 2013/07/22 00:01

    楽しく拝見させていただきました!! リオデジャネイロ サンルイス レンソイス そして ボゴタ 私も印象深く感じた風景です。 ボゴタ⇒レンソイス ラン航空も運行しているのですね!! リスザル かわいいですね!! ぬいぐるみみたいですね。 そういえば 大きな蓮(オオオニバス)もありましたよね。 ブラジル マナウスでは 「オニバス」という日本語が バスを意味する「オニブス」に似ているので、現地ガイドさんが「オニブス!」と言っていました。 バスのよう乗ってみたいですが、重量オーバーになるかな?

旅行記は参考になりましたか?(現在7拍手)

拍手する

旅スケTOP > レンソイスからリオ✈レティシアのアマゾン河クル-ズで念願のリス猿に囲まれての旅行記