× 閉じる

旅スケTOP > アモイ・福建土楼(世界遺産)・コロンス島4日間ーBRT乗ってみましたの旅行記 > 旅行写真

アモイ・福建土楼(世界遺産)・コロンス島4日間ーBRT乗ってみました

鯉魚門

福建料理 薄味でどれも美味。 アサリの身の大きさほどの牡蠣を初めて見た。 スパゲッティのように見えるクリーム色のものは芋の細切り。 薄切りの焦げ茶の野菜はキノコのような食感。 魚はスズキ。 ご飯もスープも有り。 青島ビール小瓶 20元
☆鯉魚門と言う名前なのに、出されたのが、スズキだったので王さんに聞いてみると商売繁盛の為につけられた店名だそうです。 鯉のメニューがあるかどうかは確認していません。
調べてみると、「鯉」は中国語で「鯉魚」。 香港にある鯉魚門(レイユームン)はグルメの店でした。
又、鯉が何故縁起が良いのかも調べてみました。
★下記 鯉の宮坂 宮香本舗 鯉のうんちく 鯉ってどんな魚?  鯉にまつわる伝説より
昔、山西省、江西省の省境を流れる黄河の氾濫をくい止めた功績を認められた「う」は後に「夏」という国(三千五百年以上も前の話)を建てたが、彼が治水した黄河の急タン(竜門)を遡った鯉が昇天し龍になったという伝説があるそうです。 この伝説から後漢の終わりころ出世する関門を登竜門と呼ぶようになり、鯉は縁起の良い魚となったそうです。

悪化する日中関係の中、路線バスを使い一人旅をする度胸はなし。 世界遺産の福建土楼をどうしても見たく、終戦記念日発HISパッケジツアー(参加者10名)を利用。

パッピーさんパッピーさん
旅行期間4日間
旅行目的世界遺産 /パッケージツアー
旅行時期2013年08月15日
拍手数拍手
旅行先 [中国
アモイ(厦門)
中国 その他の都市
[千葉県
成田市
続きを見る

旅スケTOP > アモイ・福建土楼(世界遺産)・コロンス島4日間ーBRT乗ってみましたの旅行記 > 旅行写真