× 閉じる

旅スケTOP > かぷかぷ 笑ったよ/クラムボン漂う IHATOVOの旅行記 > 旅行写真

かぷかぷ 笑ったよ/クラムボン漂う IHATOVO

で、どうしてこのカフェ林風舎を、賢治旅の旅行記の冒頭にもってきたかって?

それは、林風舎のオーナーが賢治の実弟である宮澤清六氏の孫の女性であり、賢治に縁のカフェとして営業しているから。
弟の静六は賢治の死後、残された数多くの文書を整理し世の中へと送り出した人物で、静六がいなければ賢治の作品は農家の納屋に埋もれたまま、出版されることもなく、消えていたかもしれないとも言われています。

カフェのケーキ・メニューは賢治の作品名に因んでいて、
注文の多いロールケーキ・オリザや英国海岸バウムクーヘンがあり、
飲み物とのケーキセットで1200円くらいでした。

クラムボンとは、いったい何なのか。岩手県花巻市で宮沢賢治に縁のある地を巡りながら、その謎解きに挑みます!

animoさんanimoさん
旅行期間1日間
旅行目的有名スポット /夜景
旅行時期2020年09月05日
拍手数拍手
旅行先 [岩手県
花巻市
続きを見る

旅スケTOP > かぷかぷ 笑ったよ/クラムボン漂う IHATOVOの旅行記 > 旅行写真