× 閉じる

旅スケTOP > かぷかぷ 笑ったよ/クラムボン漂う IHATOVOの旅行記 > 旅行写真

かぷかぷ 笑ったよ/クラムボン漂う IHATOVO

花巻で宮沢賢治について深く知りたいと思ったときに行くべきなのが、丘の上にある宮沢賢治記念館。
367段の長い階段の先に、宮沢賢治記念館はあります。

記念館の展示は賢治の生涯のテーマであった科学・芸術・宇宙・農業・宗教に深く踏み込んだ内容でした。
特に宇宙分野では、童話:銀河鉄道の夜の手書き原稿(コピー)が多く展示され、第1次稿から第4次稿までの遍歴がわかりました。

賢治の手書きの原稿は読みやすい文字の時もありましたが、時として殴り書きで判別が難しい文字もあり、その時々の賢治の心のあり方が文字に出ていて興味深かったです。

また、最終的に【銀河鉄道の夜】としてまとめられ現在出版されている話が、賢治の長い長い推考の末に選ばれた話であり、物語の最初の出だしの部分である“午后の授業”の章・・・学校の先生がジョバンニや生徒達を前に「ではみなさんは、そのように川だと言われたり、乳の流れた跡だと言われたりしていた このぼんやりとした白いものが本当に何かご承知でしょうか」と問いかけるシーンが第4次稿で初めて付け加えられたことを知りました。

クラムボンとは、いったい何なのか。岩手県花巻市で宮沢賢治に縁のある地を巡りながら、その謎解きに挑みます!

animoさんanimoさん
旅行期間1日間
旅行目的有名スポット /夜景
旅行時期2020年09月05日
拍手数拍手
旅行先 [岩手県
花巻市
続きを見る

旅スケTOP > かぷかぷ 笑ったよ/クラムボン漂う IHATOVOの旅行記 > 旅行写真