× 閉じる

旅スケTOP > ☆☆哀愁のポルトガル1人旅☆☆② ポルト、コインブラ、リスボン編の旅行記 > 旅行写真

☆☆哀愁のポルトガル1人旅☆☆② ポルト、コインブラ、リスボン編

サン・セバスティアン市場

★ ☆☆哀愁のポルトガル1人旅☆☆ ついでにアムス運河クルーズ ①
https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/30266/
の続編になります。

(左写真) 6:24 ギマランイス早朝のショーウィンドウ
(右写真) 8:54 サン・セバスティアン市場 サンベント駅からカテドラルSéに向かう途中で見つけた、小さな市場。

The Fifth Day (3月29日 土)
ギマランイス→ポルト→コインブラ 
ポルト、コインブラ観光 ☼ コインブラ泊 

6時にフロントに行くと誰もいない。ベルを押しても誰も出てこない。前もって言っておけば良かった。奥の小部屋で仮眠をとっているようだったので大声を出すが、爆睡している。結局腕を揺すって起こし、チェックアウト。
6:40 ギマランイス鉄道駅到着。6:54発の切符を買おうとするが窓口は閉まっている。他の客に中で買えと教えられたが、駅の販売機は鉄道用?のカードでないと買えない。ホーム内に別の自販があり、2人の女性が買っていた。料金は既に分かっていた(€2.05)ので買って貰った。San Bentoのサインの電車が見えた。ベルが鳴り始め2人の女性が走るので私も走りセーフ!くつろいでお礼の鶴を2人に折っていると、電車は遅れているとのこと。2人は食べ物を買いに降りた。会えなくなると困るので出来上がっていた折り鶴を1つだけ渡した。"Cool!”と喜ばれた。私はどれだけ遅れるのか分からないので車内で待った。
ブラガ行きの電車と同じタイプの車両で外気温10℃のサインがあった。7:28ギマランイス発。外はモヤがかかり殆ど何も見えない。先ほどの2人連れは音楽を流し歌っている。1車両に4人の乗客。途中2人連れの母と兄らしき人が乗って来る頃には混んできた。7:55 車両には乗客11人。46人がけなので4分の1しか埋まっていない。 7:57 Santo Tirso駅では13℃。 8:10 次は Senhora das Dores  モヤがなくなっていた。
8:17 sao romaoでは沢山乗り込んできて、乗客24人となる。
8:44サンベント着。カテドラルSéに直行。途中市場(右上写真)で食べ物 を調達しようと思ったが、調理せずに食べられる物が見つからず。

続13年前のポルトガル1人旅アップします。移動が課題のドタバタ旅。

パッピーさんパッピーさん
旅行期間10日間
旅行目的有名スポット /一人旅
旅行時期2008年03月25日
拍手数拍手
旅行先 [ポルトガル
ギマランエス
ポルト
コインブラ
リスボン
続きを見る

旅スケTOP > ☆☆哀愁のポルトガル1人旅☆☆② ポルト、コインブラ、リスボン編の旅行記 > 旅行写真