× 閉じる

旅スケTOP > 2度目のタイ ☆☆チェンマイ・スコータイ夫婦旅☆☆の旅行記 > 旅行写真

2度目のタイ ☆☆チェンマイ・スコータイ夫婦旅☆☆

オールド・チェンマイ・カルチュラル・センター

(左上写真) 20:02 爪の踊り。彼女達は芸能選考の学生アルバイト。
(右上写真) 20:34 刀の踊り。冷や冷やした。この人のみがプロ。
(下写真) 19:39 Khantok Dinner(/カントーク ディナー)。

19:20 オールド チェンマイ カルチャーセンター着。
プルメリアのレイでもてなされる。

★オールドチェンマイカルチュラルセンターのプリント(紙が高いのかA4用紙の裏表に米粒より小さな字でギッシリ書かれています)によれば
カントークとは、タイ語を話し、糯米を常食としている文化を持つ人々が、特別な行事の時に、食卓として使う低い台足のついた丸いテーブルのこと。...
食事は北部タイの料理が供されるが、始めにスープと籠に入ったバナナ又は薩摩芋の揚げたものが供され、その後にカントーク台が運ばれてくる。
代表的なものは、
1.鶏の唐揚げ
 2.ミャンマー風ポーク・カレー
 3.キャベツの炒めもの
 4.ポーク・トマトのチリソース
 5.豚の皮の揚げもの
 6.フレッシュ・キュウリ(5を6につけて食べる)
 7.甘辛く味付けしたビーフン
以上が器に入れられてテーブルの上に花びら状に並べられる。この他に竹かごに入ったもち米のご飯と普通のご飯が一緒に出される。容器の中の食物が空になるとサービスする人によって自動的に追加されることが習慣になっている。デザートとして、パリパリとした米を揚げたもの(おこしに若干甘味をつけたようなもの)が出されるが、コーヒー又は紅茶と共に食す。.... エンターテイメントとしての北タイ独特の古典舞踊を鑑賞しながら食事をすることが一般的。
 
全て辛い。タイ米のモチ米があるので食べられた。右手でモチ米を団子状に丸めて辛いミートソースのようなものをつけて食べる。美味しいとは言えない。
シンハビール大2瓶 340バーツ。タカ!!

20:02 爪の踊り 彼女達は芸能選考の学生アルバイト。
20:34 刀の踊り 冷や冷やした。この人のみがプロ。
20:49 観客が一緒に踊るとショーは終了。
前述のプリントに書かれた12種の踊りから毎晩7種選ばれるとの事で、プリントを見ながら番号にマルをつけておきました。
魔法の鶏の舞、とロウソクの舞は分かりましたが、他の2種は分からず(>_<)
ディナーショーの時は大雨。
21:00 オールド チェンマイ カルチャーセンター発。長い1日が終わる。

マイレッジの航空券+現地ツアー 期せずしてお抱えの運転手とガイドのツアーとなりました。腰痛持ちの夫もチェンマイの気候が合いよく動けました(^_-)-☆

パッピーさんパッピーさん
旅行期間5日間
旅行目的有名スポット /フリープラン
旅行時期2006年08月21日
拍手数拍手
旅行先 [タイ
バンコク
チェンマイ
ピサヌローク
スコータイ
[千葉県
成田市
続きを見る

旅スケTOP > 2度目のタイ ☆☆チェンマイ・スコータイ夫婦旅☆☆の旅行記 > 旅行写真