× 閉じる

旅スケTOP > 2度目のタイ ☆☆チェンマイ・スコータイ夫婦旅☆☆の旅行記 > 旅行写真

2度目のタイ ☆☆チェンマイ・スコータイ夫婦旅☆☆

スコータイ遺跡公園

(写真) 9:11 ワット・マハータート(スコータイ歴史公園)。
廃墟に佇む仏像、仏塔群とそれらが水面に写る姿、これを見たくて遥々来たのです。
★スコータイ歴史公園は「うっそうとしたジャングルの中に数百年間にわたって放置されていた遺跡群を、タイ芸術局とユネスコが協力して修復した」もの。遺跡は「小さなものも含めると合計300カ所以上ある」そうです。 *「地球の歩き方」タイ2020~21 p.304

The Fourth Day (8月24日木)
折角なので早起きし朝食前にプールでひと泳ぎ。
7:00 朝食。
ホテルで思い出にコットンドレス400バーツとお土産にタイシルクスカーフ300バーツを買う。
8:30 パイリン スコータイ ホテル発。
8:40 Ramkhamhaeng National Museum(/ラームカムヘーン国立博物館)着。
パンフレットも残っているし、Wendy Tourの行程表にもありますが、訪れた記憶なし(>_<) 2006年の英語パンフレットによれば、入館料 30バーツ、Combined card 150バーツ毎日9:00-16:00 とあります。入館料ツアー代に含まれていました。
こんなに沢山の展示物、全く覚えてません。現在ヴァーチャルで見られます。 *http://www.virtualmuseum.finearts.go.th/ramkhamhaeng/index.php/en/event.html
ラームカムヘーン王碑文もあったようですが、スコータイ歴史公園内のものと同様レプリカです。本物はバンコク国立博物館にあるそうです。 
第3代ラームカムヘーン1292年に作ったとされるタイ語で書かれた最古の石碑。水中に魚あり、田に稲アリ」というスコータイの豊かさを示す文章が書かれた王碑文(*「物語 タイの歴史  微笑みの国の真実」柿崎一郎著 中公新書p.32)があることなど当時は知らず。ニコムさんに教えて貰ったかな?(>_<)
9:08 ラームカムヘーン国立博物館発。
9:11 スコータイ歴史公園着。
歴史公園のラームカムヘーン大王記念碑とラームカムヘーン王碑文見たのかな?

マイレッジの航空券+現地ツアー 期せずしてお抱えの運転手とガイドのツアーとなりました。腰痛持ちの夫もチェンマイの気候が合いよく動けました(^_-)-☆

パッピーさんパッピーさん
旅行期間5日間
旅行目的有名スポット /フリープラン
旅行時期2006年08月21日
拍手数拍手
旅行先 [タイ
バンコク
チェンマイ
ピサヌローク
スコータイ
[千葉県
成田市
続きを見る

旅スケTOP > 2度目のタイ ☆☆チェンマイ・スコータイ夫婦旅☆☆の旅行記 > 旅行写真