× 閉じる

旅スケTOP > 国内旅行 > 近畿 > 奈良県 > 桜井市 > 建物・史跡

安倍文殊院

日本三文殊のひとつ、安倍文殊院

投稿日2012年06月04日
訪問時期2012年1月
ユーザー mkunさん
@mouth.title

安倍一族の本拠地である、この地に、安倍倉梯麻呂が一族の氏寺として安倍寺を建立したのが始まりです。
奈良時代には、阿倍仲麻呂が生まれ、万葉集で有名な歌も残されました。
平安時代、陰陽師で有名な安倍晴明が出生され、魔除け災難除けの寺として祈祷の寺となりました。
没後、鎌倉時代になって、晴明が文殊菩薩の化身という信仰が広まって、快慶仏師の手により、文殊菩薩像がつくられました。
さて、本院の入り口にてお抹茶つき拝観料を支払うと、すぐの部屋でお菓子(半生の落雁)とお抹茶をいただきます。
そのあと、拝観になっています。
右手に降魔の利剣をもち、左手に蓮華の花を持ち、大きな獅子にまたがる海渡文殊です。
高さが7mもあり圧巻です。
その右手前に、同じく快慶の作である、善財童子像があり、斜め後ろを振り返るようなポーズで童顔の可愛いお顔立ちが印象的でした。
帰りにぼけ封じのお守りを買って帰りました。

総合評価★★★☆☆
利便性★★★☆☆
お値打ち度★★★★★
雰囲気・快適度 ★★★★☆
混雑度★★★★☆
娯楽度★★★☆☆
おすすめの同行者家族

口コミは参考になりましたか?(現在0拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 国内旅行 > 近畿 > 奈良県 > 桜井市 > 建物・史跡 > 安倍文殊院 > 安倍文殊院のクチコミ -日本三文殊のひとつ、安倍文殊院