× 閉じる

旅スケTOP > 海外旅行 > 中南米 > ドミニカ共和国 > サント ドミンゴ > 建物・史跡

コロンブス記念灯台

新大陸開拓の足がかりとなったイスパニョーラ島の歴史に思いを馳せる

投稿日2013年05月18日
訪問時期2013年5月
ユーザー Romaedaさん
@mouth.title

ドミニカ共和国(イスパニョーラ島)が南北アメリカ大陸の歴史を語る上で、極めて重要な地であることを恥ずかしながら存じませんでした。本人の強い希望によりコロンブスはサントドミンゴに埋葬されたのですが、この記念灯台入口付近に設けられた祭壇に移設、安置されています。
私たちがイメージする煙突型の灯台とは違って、まるで要塞の如き威容を呈していますが、祭壇の奥に長く伸びる回廊には、新大陸開拓にまつわる歴史が、世界各国ごとに展示されています。意外だったのが、「日本コーナー」の充実ぶり。鎧兜、日本刀に始まり、当時鎖国状態にあった我が国が、ヨーロッパ各国との関わりの中で交易を始めた頃の資料が展示されています。
時間が十分ではなかったので駆け足で見ることになりましたが、その統治方法の是非はありますが、コロンブスら、新大陸への冒険者、開拓者の歴史なくしては、少なくとも現在のアメリカ合衆国、中南米諸国はあり得なかったことを考えると、感慨深いものがあります。
サントドミンゴの旧市街から、タクシーで15〜20分。観光客目当ての露天というか、物売りが少しいただけで、周りには売店などありませんので、水などは予め用意し持参された方がよろしいと思います。
車で行けばすぐ近くに、ロス・トレス・オホス鍾乳洞があります。併せてご覧になることをお勧めします。

総合評価★★★★☆
利便性★★★★☆
お値打ち度★★★☆☆
雰囲気・快適度 ★★★☆☆
混雑度★★★★★
娯楽度★★☆☆☆
おすすめの同行者友人(少数)

口コミは参考になりましたか?(現在0拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 海外旅行 > 中南米 > ドミニカ共和国 > サント ドミンゴ > 建物・史跡 > コロンブス記念灯台 > コロンブス記念灯台のクチコミ -新大陸開拓の足がかりとなったイスパニョーラ島の歴史に思いを馳せる