× 閉じる

旅スケTOP > 海外旅行 > ヨーロッパ > バチカン > バチカン > 美術館・博物館

ヴァティカン博物館

球のある球体

投稿日2015年01月10日
訪問時期2014年5月
ユーザー ドラミルさん
@mouth.title

ヴァチカン美術館の「ピーニャの中庭」の真ん中にあるブロンズ製オブジェは「球のある球体」という題だそうです。球体の中に球体がめり込んでいるようなデザインになっています。1990年にイタリア生まれのアーチストであるアルナルド・ポモドーロによって造られて物です。バチカンのクーポラの先端に付いている球体と同サイズの直径4mの球体となっています。風で回るようですが実際には観光客が手で回してました。

総合評価★★★☆☆
利便性★★★☆☆
雰囲気★★★☆☆
展示数★★★☆☆
混雑度★★★☆☆
おすすめ度★★★☆☆
おすすめの同行者恋人
所用時間2時間

口コミは参考になりましたか?(現在0拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 海外旅行 > ヨーロッパ > バチカン > バチカン > 美術館・博物館 > ヴァティカン博物館 > ヴァティカン博物館のクチコミ -球のある球体