× 閉じる

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > ナンキン(南京) > 美術館・博物館

侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館

南京大虐殺紀念館

投稿日2015年01月12日
訪問時期2013年5月
ユーザー hevvoさん
@mouth.title

1937年の日本の南京占領時に起きた南京事件について、大変な量の展示があります。
当時の戦況、日本国内の報道ぶり、南京市内の惨状、生存者の証言、在留外国人の記録や報道など、すべてを見きれないほどです。
日本語の展示物も多くあります。上海から江南各地を攻め落としいよいよ首府・南京へ迫る戦況を、当時の日本の新聞は明るく勇ましく報道していましたが、それは日本の好戦性を表すものとして展示されています。中国人にはそう解釈されるのか、と気づかされました。

南京陥落後も戦争は終わらず拡大し、中国での戦いは第二次世界大戦の終結まで続くことになりました。
どれほど多くの犠牲や誤算が重なりあったのか、歴史を振り返ると気が重くなりました。

総合評価★★★★☆
利便性★★★★☆
雰囲気★★★☆☆
展示数★★★★★
混雑度★★★★☆
おすすめ度★★★★☆
おすすめの同行者その他
所用時間2時間

口コミは参考になりましたか?(現在1拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > ナンキン(南京) > 美術館・博物館 > 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館 > 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館のクチコミ -南京大虐殺紀念館