× 閉じる

旅スケTOP > 海外旅行 > 中南米 > メキシコ > メキシコシティ > その他

天気・気温・服装・交通・治安等の情報

12月のメキシコ シティの天気・気温・服装・交通・治安等の情報

投稿日2016年01月10日
訪問時期2015年12月
ユーザー animoさん
@mouth.title

2015年の12月にメキシコを旅した時の情報です。
メキシコは緯度的にはフィリピンに近い部分にあり、冬でも暖かい場所です。しかしメキシコシティのある高原部分は標高2000mとかなり高地にあり、冬でも寒いのではないかと思っていました。
確かに朝、晩には薄手のダウンジャケットが必要でしたが、日中は薄手の長袖でも暑い位でした。

【気候・服装】
・晴れれば最高気温は25℃以上になり日中は半袖T-シャツがちょうど良い位の気候。
・朝晩は冷え込みがあり、ジャケット必須で、薄手のダウンジャケットがあっても良い気温。
・湿度は少なく、乾燥気候。

【治安】
・あくまでも一般的な観光地を歩いた印象だが、治安は非常に良く、警察官の姿も非常によく見かける。
・警察官は(民間人も)非常に親切で、道を尋ねた時に分かりにくい道の時は途中まで一緒に連れてってくれた。

【メトロ】
・どこまで乗っても改札を出ない限り5ペソ(40円)は慣れると非常に便利。
・平日の朝のメトロは通勤する方で激混みで、自分が降りる駅の駅名を車窓から読み取るのが大変なほどだった。(基本、メトロ車内の駅名放送、電光掲示は無い)
周りの方に現在の駅名を聞いたところ、周りにいた多くの方が私がおりたい駅名を覚えていてくれて、降りる駅が来た時には、一斉にここだよ~と教えてくれた。
・電車の上り下りの表示は、終点の駅名が表示されることが多いので乗る前に上下の終点の駅名をチェックしておく方が乗り間違えをしにくい。
・メトロの駅があるのは大通りに面した場所であるとは限らないのが難しいところ。メトロの駅の近くまで来ているはずなのに、駅が見つからない時は近くを歩いている地元の人に聞けば教えてくれる。

【交通】
・タクシーは主要な観光地の傍には沢山待機しているので困らない。
・リブレはメーターがついていないことが多いので、乗る前に料金交渉が必須。
 でも、そんなにボルことはない。
・ADOのTAPOターミナルから空港までのタクシーは定額料金で約300ペソ(2400円)。4年前から約1.5倍の値上げだった。

【言語】
・日本語はもちろん通じないが、商業施設の場合は英語は話せる人が多い。
・ただ、道行く方に道を尋ねる場合の英語の通用度は、2割程度だと思う。
・個人で行くならば、必須西語【トイレはどこ?、英語が話せますか?】などはメモ帳に書いて持っていくか、スマホのアプリ等であらかじめ準備をして置く方が安心。

写真はフリーダ・カーロ博物館にて

総合評価★★★☆☆
利便性★★★★☆
雰囲気★★★★☆
お値打ち度★★★★☆
混雑度★★★★☆
おすすめ度★★★★☆
おすすめの同行者一人
所用時間5時間以上

口コミは参考になりましたか?(現在0拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 海外旅行 > 中南米 > メキシコ > メキシコシティ > その他 > 天気・気温・服装・交通・治安等の情報 > 天気・気温・服装・交通・治安等の情報のクチコミ -12月のメキシコ シティの天気・気温・服装・交通・治安等の情報