× 閉じる

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > ジュウケイ(重慶) > 建物・史跡

重慶大爆撃惨案遺址

にぎやかな繁華街にある、重慶爆撃の記憶をとどめる遺構。

投稿日2017年01月15日
訪問時期2017年1月
ユーザー hevvoさん
@mouth.title

重慶の繁華街・較場口。磁器街の歩道をふさぐように、四角い建物があります。
建物の上側には、苦しむ人々の表情を描いた群像。
ここが「重慶大爆撃惨案遺址(重慶大轟炸惨案遺址)」です。
この地下の防空用トンネルで、1941年6月に起きた出来事を記念する場所になっています。

日中戦争当時、臨時首都を重慶へ移し抗戦を貫く国民政府に対し、日本は重慶市街への爆撃を行っていました。
較場口は、付近に古い街並みが残る十八梯もある場所です。1941年の事件の際には、多くの住民が爆撃を避けようと、この防空トンネルへ逃げ込んできました。
その際、多くの人が殺到して圧死者が出た上、爆撃は長く続き、トンネル内は酸欠状態となって、多くの人々が犠牲となりました。

現在、ここは重慶爆撃を象徴する場所として整備され、トンネルの入口に小さな展示スペースが設けられています。
安全性に問題があるとのことで、トンネルの中へは入れないようになっていました。
較場口には商業ビルや食べ歩きのできる店が多く、とてもにぎわっていますが、ここだけは、重慶爆撃の記憶をとどめる場所になっています。

総合評価★★★★☆
利便性★★★★★
お値打ち度★★★★★
雰囲気・快適度 ★★★★☆
混雑度★★★☆☆
娯楽度★★★☆☆
おすすめの同行者その他

口コミは参考になりましたか?(現在0拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > ジュウケイ(重慶) > 建物・史跡 > 重慶大爆撃惨案遺址 > 重慶大爆撃惨案遺址のクチコミ -にぎやかな繁華街にある、重慶爆撃の記憶をとどめる遺構。