× 閉じる

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > インドネシア > デンパサール(バリ島) > 建物・史跡

クヘン寺院

観光地化されていない昔の美しさを残すヒンドゥー寺院

投稿日2017年06月14日
訪問時期2017年3月
ユーザー animoさん
@mouth.title

クヘン寺院は古くからのバリ・ヒンドゥ寺院の趣を現代まで残す13世紀に建立された寺院で、このお寺の特筆すべき点は、ヒンドゥ教の寺院の中でも珍しい3階層(外境内・中境内・奥境内)の構造を持つ寺院だということです。

外境内には600年の樹齢のバンヤン・ツリ-(ベンガル菩提樹)が、大きくその葉を広げ、中境内には800年前のバンリ王国の王妃が祖国から取り寄せた中国陶器が今なお、壁の壁面を飾っていました。
そして、奥境内にあるのはアグン山を模したメルと呼ばれる11層の屋根を持つ多重石塔があり、その下部には建立当時の彫刻が今なお残されています。

バリのヒンドゥ寺院は観光地化されているところも多く、若干商業ベースが強い部分が何だかな…とも感じることも多いようですが、クヘン寺院は素朴で地元に密着した昔ながらのお寺。

派手さはないですが、心が落ち着くお寺でした。

総合評価★★★★☆
利便性★★★☆☆
お値打ち度★★★★☆
雰囲気・快適度 ★★★★★
混雑度★★★☆☆
娯楽度★★★☆☆
おすすめの同行者家族

口コミは参考になりましたか?(現在1拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > インドネシア > デンパサール(バリ島) > 建物・史跡 > クヘン寺院 > クヘン寺院のクチコミ -観光地化されていない昔の美しさを残すヒンドゥー寺院