× 閉じる

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > ベトナム > ホーチミン > 美術館・博物館

戦争証跡博物館

幸せを呼ぶ新フォトスポット誕生!

投稿日2017年08月16日
訪問時期2017年8月
ユーザー もねきちさん
@mouth.title

 戦争証跡博物館の2階(日本の数え方だと3階)に、「白鳩の部屋」というキッズルームがありますが、ここが新しい癒やしのフォトスポットになると思われます。
 この博物館は1975年にオープン以来、ベトナム戦争や枯れ葉剤にまつわる展示が充実していることで有名です。残酷で目を覆いたくなる写真や遺物が多いのですが、その中でも生々しい衝撃を与える枯れ葉剤の影響と思われる奇形胎児のホルマリン漬けの展示は、近年はごくわずかなスペースに置かれるだけになりました。その館内に小さな子どもが遊びながら学べる場所として、「白鳩の部屋」があります。この部屋へは、靴を脱いで入ります。寝そべって絵本を読んだり、ぬいぐるみなどの玩具で遊ぶことができます。小学生くらいの子どもなら、民族衣装を身につけて写真を撮ることもできます。このような部屋ですので、一般観光客の場合、小さな子ども連れの家族が立ち寄るだけだったように思われます。
 しかし、2017年7月、日本人画家らとベトナム人画家らが協力して、平和を願う壁画が制作されました。デザインを手掛けたのは、大阪通天閣の脚部の天井に描かれた「花園に遊ぶクジャク図」を復元した日本画家、沖谷晃司氏。彼が白鳩の部屋のために「白鳩が平和を運ぶ」というテーマで高さ3.4メートル、幅約30メートルの図案を作成しました。彼が実際に下描きをし、そこに日越の画家、学生、小中高生、主婦、博物館職員らを中心に、来場者も絵筆を入れて一ヶ月かけて完成させました。“結合双生児ベトちゃんドクちゃん”で有名なグエン・ドクさん家族も絵筆を取りました。4つの壁面には、大小さまざまな白鳩が70羽飛び交っており、中にはオリーブの葉を咥えた鳩もいます。沖谷氏は、“平和を知らせる鳩”であり、“平和を運ぶ鳩”であると言います。そして、中央には大きく羽を広げた母鳥のような鳩が描かれています。どこか愛嬌のあるこの鳩と、なぜか一緒に写真を撮りたくなります。この鳩の前で写真を撮ったベトナム人の博物館スタッフは、すでに男女交際に発展したという噂もあります。蓮の花や舟をバックに写真を撮るのも人気ですし、立ち位置によっては被写体の人物が鳩と戯れているように撮れたり、天使の羽が背中から生えているようにも撮れます。
 同博物館は、2017年6月から、朝7時30分より夕方6時まで開館するようになりました。昼の休憩時間は無くなりましたので、今までよりゆっくりと立ち寄ることができるようになりました。戦争の傷跡を見て平和を誓うとともに、白鳩と写真撮影することもオススメです!

総合評価★★★★★
利便性★★★★☆
雰囲気★★★★★
展示数★★★★★
混雑度★★★★☆
おすすめ度★★★★★
おすすめの同行者家族
所用時間2時間

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > ベトナム > ホーチミン > 美術館・博物館 > 戦争証跡博物館 > 戦争証跡博物館のクチコミ -幸せを呼ぶ新フォトスポット誕生!