× 閉じる

旅スケTOP > 海外旅行 > 中南米 > コロンビア > ボゴタ > 美術館・博物館

国家警察歴史博物館

麻薬カルテルやゲリラと戦ってきたコロンビア警察の博物館

投稿日2019年01月30日
訪問時期2018年9月
ユーザー hevvoさん
@mouth.title

旧市街ラ・カンデラリアにある、コロンビア警察の博物館。
かつての制服や装備など、警察の歴史を伝える展示があります。

しかしなりより、コロンビアはかつて、大変な治安の悪化で、多くの人が傷ついたり亡くなったりしていた場所です。
この博物館でも、麻薬カルテルとの戦い、左翼ゲリラとの戦いについて、多くのスペースが割かれています。

写真は、1980年代に世界のコカイン取引を牛耳っていたパブロ・エスコバルが所有していたハーレー・ダビッドソンです。
このような大物犯罪者に関する展示も、なかなか「充実」していました。
コロンビアの裏面史に触れる機会になるかと思います。

総合評価★★★★☆
利便性★★★★★
雰囲気★★★★☆
展示数★★★★☆
混雑度★★★★☆
おすすめ度★★★★☆
おすすめの同行者その他
所用時間1時間以内

口コミは参考になりましたか?(現在1拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 海外旅行 > 中南米 > コロンビア > ボゴタ > 美術館・博物館 > 国家警察歴史博物館 > 国家警察歴史博物館のクチコミ -麻薬カルテルやゲリラと戦ってきたコロンビア警察の博物館