× 閉じる

旅スケTOP > 海外旅行 > ヨーロッパ > フランス > パリ > 美術館・博物館

ルーヴル美術館

ルーブル美術館を完全攻略

投稿日2019年04月22日
訪問時期2019年4月
ユーザー J'adore-parisさん
@mouth.title

ルーヴル美術館を知らない人はいるでしょうか?世界最大そしてもっとも有名な美術館として、パリを訪れる人の行きたいところリストの一番上かと思います。もちろん、私のリストにも入っています!

訪問の際に参考にした無料ガイドはこちら
https://bit.ly/2BlqV2H

でも有名すぎるため、中に入るのには長蛇の列に並ぶ必要があります。。。
私は列に並んで時間を無駄にしたくないので、時間節約のための方法を探しました。ラッキーなことにルーブル美術館の入り口について解説のあるINSIDRの記事を見つけました。
いくつかの入口があって、入口によって待ち時間が異なるようです。入口によっては、待ち時間が少ないところもあるみたいです!

私は前もってチケットを買いました。これが最善策だと思ったからです。長蛇の列には並ばないと行けないけど、チケットを買う列で待つ時間を節約できると考えました。
記事に買いてある通り、Carrousel du Louvreの入り口から入りました。
この入り口は地下にあります。ピラミッドの正面入口と比べはるかに短い列でした!ピラミッドのそばを通り過ぎ、写真を撮り、そしてCarrousel du Louvreに行きました。

建物中に入るまで、そんなに長く待つ必要はありませんでした。私が最初に訪れたのはDenon Wingです。ここには、イタリアやフランスの芸術家によるコレクションがたくさんありました。もちろん、有名なコレクションであるモナリザとミロのヴィーナスもありました!
早めの時間帯にきたので、まず最初にここに来ました。この2つ有名作品は混むためです。

その後、ナポレオン3世のアパートがあるリシュリューウィングRichelieu Wingに向買いました。同じ名前の通りパッセージリシュリュー(Passage Richelieu )もあり紛らわしいですのでご注意ください。パッセージリシュリューはルーヴル宮殿の広場とリヴォリ通りを結ぶ通りになります。アパート以外にも、ここには、500年から1850年までの彫刻や、北アフリカや中央アジアの古代遺跡もたくさんあります。

もう一つのウィングは、エジプトのコレクションがあるSully Wingです。
私は数分間タニスの大スフィンクスの前に立ってじっと見つめていました。
これは4000年以上前のものです。そんなに昔にこのような物を作れるなんて想像できません!

その後、Carrousel du Louvreでちょっとした軽食をとりました。そこにはレストランやカフェがたくさんあって、選択肢には困りませんでした。
結局、ルーブル美術館への訪問は意外と面倒なこともなくスムーズでした!

総合評価★★★★★
利便性★★★★★
雰囲気★★★★★
展示数★★★★★
混雑度★★★☆☆
おすすめ度★★★★★
おすすめの同行者友人(少数)
所用時間3時間

口コミは参考になりましたか?(現在1拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 海外旅行 > ヨーロッパ > フランス > パリ > 美術館・博物館 > ルーヴル美術館 > ルーヴル美術館のクチコミ -ルーブル美術館を完全攻略