× 閉じる

旅スケTOP > 海外旅行 > ヨーロッパ > チェコ > オロモウツ > 世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱

三位一体(Trinity)はキリスト教の重要な概念だが異教徒には理解が難しい

投稿日2019年07月15日
訪問時期2019年7月
ユーザー ろっきいさん
@mouth.title

W・ジェームズの「宗教的経験の諸相」は聖霊や三位一体について書かれているように思うが異教徒には理解しがたい。三位一体はキリスト教の核心的な概念だが論理的に説明するのは難しい。論理ではないのだろう。
全知全能の造物主。イエス・キリスト。聖霊。

聖霊というのがそもそも何なのか。聖霊は鏡の精、花の精などあらゆるものに宿る精霊とは違う。

オロモウツの聖三位一体柱は市庁舎のある旧市街のホルニー広場にそびえる。
高さ35メートルのバロック様式のモニュメントで18世紀の1754年に完成。2000年に世界文化遺産に登録された。

総合評価★★★☆☆
利便性★★★★☆
雰囲気★★★☆☆
感動度★★☆☆☆
混雑度★★★☆☆
おすすめ度★★☆☆☆
おすすめの同行者一人
所用時間1時間以内

口コミは参考になりましたか?(現在0拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 海外旅行 > ヨーロッパ > チェコ > オロモウツ > 世界遺産 > オロモウツの聖三位一体柱 > オロモウツの聖三位一体柱のクチコミ -三位一体(Trinity)はキリスト教の重要な概念だが異教徒には理解が難しい