× 閉じる

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 北朝鮮 > ピョンヤン(平壌) > ターミナル・駅のりば

平壌国際空港

もう絶対に行くことはない北朝鮮旅行

投稿日2020年08月01日
訪問時期2015年1月
ユーザー satto320さん
写真付クチコミ募集中

またまた思いだし旅行記
20年程前、その時は仕事の関係で10日間ぐらいしか休みが取れなく、たまたまサイトで見つけた瀋陽から鉄道で行く北朝鮮ツアーに参加。北に行けるなんてほんとう?そう思って問い合わせてみると、行けるらしい。で、この4泊5日のツアー(22万ぐらい。高い!)に参加。ただ、まだ日数があるので、行きたかった中国東北部(満州)の旅行を加えることに。瀋陽からツアーに参加することにした。
ルート
千歳→航空機→ソウル→北京
北京→列車→長春(満州国の遺構を見る)
長春→列車→瀋陽(空港でツアーに合流)
瀋陽→バス→国境越え→新義州
新義州→列車→平壌
平壌→バス→開城(板門店観光)→平壌
平壌→高麗航空→瀋陽(ツアーから別れる)
瀋陽→航空機→ソウル→千歳
●満州、、なんだか心がくすぐられる。この地にかつて日本人が大勢暮らしていたとは。銀行跡地、偽皇帝と言われる溥儀の邸宅等歩き回った。日本語を話す中国人ガイドがいて、少しばかり遠慮ぎみに日本を批判する内容だったが、彼の地はもともと満州族の故郷。清の時代には神聖な地として妄りに中華の民が入ることは許されなかったと聞く。5族共生をスローガンに打ち立てられた満州国。人口が増加していたという事実からは、あながち自分達の祖先は理想の国を作っていこうとしていたのかもと思ってしまう。
●このツアー参加者とは瀋陽空港で合流。全部で13人。お話をしてみると、毎年のようにアリランを見に来ているリピーターもいれば、自分のように好奇心で参加している個人客、夫婦で参加している者と多種多様。1人、会社社長のリッチマンも。
●案内人2人がこのツアーを引き連れる。日本語はペラペラだが、一度も日本には来たことがないという。誰に日本語を習ったのか?しかし2人ともエリート。列車からは自由に写真をとっていいとのこと。自分はビデオを持ち込んでいたのでバンバン撮影。(ケータイは取り上げられた。帰国時に返却するとのこと。)田舎の人々の服を見ると、貧しかった。
●ホテルでは軟禁?状態。ちょっと夜の町に出てみようかと考えていたが、出口のところに見張りらしい人物が、、。あきらめた。案内人にもおかしな行動はとらないようにと言われてましたので、自粛。拉致されてはかなわない。
●ホテル内では外貨払い。ユーロと日本円で値段表記。1円玉での支払いも可だと。やはり外貨が欲しいらしい。中国元を人民ウォンに変えられるか尋ねると、少しならとの回答。百元を記念に替えてもらう。
●食事には果物が全く出てこない。彼の地の貧しい人民は美味しい果物を知らずになくなっていくんだと思うと、なんだか悲しくなる。このホテル(羊の方)にずっと軟禁されている日本人がいるといううわさを耳にする。本当に?
●最初の見学地は有名な将軍様の銅像。一列に並び、献花させられる。観光客にまで強いるとは、さすが独裁国。あとはお決まりのコース。地下鉄やら生家やらタワーやら。ショーウインドウ平壌を見学した。サーカスはけっこう楽しめた。
●板門店ではけっこう自由に見学できた感じ。『見てください。韓国側では自由に見学できないのです。』指指した方向には小綺麗な服装をした団体観光客がいた。北ではここをプロパガンダに利用しているのかも。
●板門店に行くさい、休憩地で初めて北朝鮮の一般人民のおばさんと会話した。ゆでとうもろこしを売っていたので、オルマエヨ?(いくら?)と聞いてみたのだ。小さな声でオーシプ(50ウォン)と答えていた。世界のとうもろこしは日本の甘いとうもろこしではない。期待して買うとがっかりしてしまう。日本の美味しいとうもろこしを食べさせてみたい。
●帰りは高麗航空で出国。航空券に出国スタンプを押すのでパスポートには記録が残らない。多くの方が航空券に押されたスタンプをパスポートに押して写し取っていた。
●社長がいないことに気づく。案内人に尋ねると、国際列車で瀋陽に向かうそうだ。航空券をキャンセルし、別料金で列車にしたという強者。そんな方法があったとは。自分もそうすれば良かった。
ということで、当時はまだ政府からの規制もなく、けっこう多くの日本人が訪朝していたのです。まさかこれがミサイル開発、核開発の資金源になるとは。それから自分が子供の頃、学校の先生は北朝鮮のことを礼賛していた。民主主義人民共和国。この名前に騙されていたのだろう。そんな国が日本人を拉致するわけもない。それこそ濡れ衣だ。誰かの陰謀だ。朝日新聞も日教祖も北教祖も旧社会党もそんな主張を展開していた。それが拉致が公になったことで、一転する。あたかも、そんな主張してましたっけ?と忘れたかのように、何事もなかったかのように。反日日本人。この国から
なくなるのはいつになるのでしょうか?

総合評価★★★☆☆
利便性★★★☆☆
お値打ち度★★★☆☆
快適度★★★☆☆
接客・サービス★★★☆☆
安全・信頼度★★★☆☆
おすすめの同行者一人

口コミは参考になりましたか?(現在0拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 北朝鮮 > ピョンヤン(平壌) > ターミナル・駅のりば > 平壌国際空港 > 平壌国際空港のクチコミ -もう絶対に行くことはない北朝鮮旅行