× 閉じる

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > ネイハ(寧波) > 建物・史跡

天童寺

曹洞宗の開祖、道元禅師が修行した名刹

投稿日2008年11月17日
訪問時期2008年1月
ユーザー 浮世之介さん
@mouth.title

日本曹洞宗の開祖、道元禅師が、24歳から28歳までの4年間、修行した名刹です。
天童寺は、「中国五山」の一つです(他は、万寿寺・霊隠寺・浄慈寺・阿育王寺)。
道元禅師が最初に師事したのは、天童寺の住持・臨済宗の無際了派禅師だったそうですが、無際了派禅師の死後、道元禅師は天童寺を去り、求道のため正師を求めて諸寺遍歴の旅に出たそうですが、再び、天童寺に戻り、住持となった曹洞宗の法脈を継ぐ如浄禅師と出会い師事したということです。
寧波市内から、私は公共バスで訪ねたのですが、1時間ほどかかります。
山門から本堂までの参道も静かですが、山門をくぐると、静寂さの中に、凛と静まりかえった寺域となります。
道元の肖像画も見ることができます。
ちょうど夕方のお勤めの時間だったのですが、中国語での読経に聞き入ってしまいました。
食堂から退出してきた僧侶が、私を日本人だと判断してくださったのでしょう、道元の想像画が祀られているお堂に案内してくださったり、本堂を案内してくださったりしました。
人里離れた、禅の名刹です。一人静かに参詣したい寺院です。

総合評価★★★★★
利便性★★☆☆☆
お値打ち度★★★★★
雰囲気・快適度 ★★★★★
混雑度★★★★★
娯楽度★★★☆☆
おすすめの同行者一人

口コミは参考になりましたか?(現在0拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > ネイハ(寧波) > 建物・史跡 > 天童寺 > 天童寺のクチコミ -曹洞宗の開祖、道元禅師が修行した名刹