× 閉じる

旅スケTOP > 国内旅行 > 近畿 > 京都府 > 京都市 > 世界遺産

古都京都の文化財

宗教色が強い

投稿日2010年08月22日
訪問時期2010年8月
ユーザー キースリチャーズさん
@mouth.title

JR京都駅から徒歩15分弱です。京都の夏は暑いので市バスに乗ると西本願寺前で降りてすぐです。本願寺は浄土真宗本願寺派の本山で、世界遺産に登録されています。正式には龍谷山本願寺です。浄土真宗は鎌倉時代の中頃に親鸞聖人によって開かれました。境内は観光客も多いですが、浄土真宗の門徒の人達も多いようです。さて、国道1号線側の御影堂門を入るとまず眼に入るのは左に御影堂、右に阿弥陀堂です。ともに重要文化財ですが、大きさに圧倒されます。両方ともに靴を脱いで中に入ることができます。時間が合えば読経されている場合があります。気持ちが落ち着きます。御影堂の左には龍虎殿があって休憩ができます。また、飛雲閣という国宝があるのですが、この日は観ることができませんでした。多分、公開日が決まっているんでしょうね。もう一つ国宝で唐門があります。彫刻が素晴らしいようですが、これまたこの日は時間の都合で観られませんでした。

総合評価★★★★☆
利便性★★★★★
雰囲気★★★☆☆
感動度★★★☆☆
混雑度★★★★★
おすすめ度★★★☆☆
おすすめの同行者夫婦
所用時間1時間以内

口コミは参考になりましたか?(現在0拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 国内旅行 > 近畿 > 京都府 > 京都市 > 世界遺産 > 古都京都の文化財 > 古都京都の文化財のクチコミ -宗教色が強い