× 閉じる

旅スケTOP > 国内旅行 > 近畿 > 奈良県 > 生駒郡斑鳩町 > 世界遺産

法隆寺地域の仏教建造物

金堂と五重塔

投稿日2010年12月19日
訪問時期2010年9月
ユーザー ドラミルさん
@mouth.title

写真手前が法隆寺の金堂で、その後に聳えているのが
奈良時代(7世紀末~8世紀初頭)に造られた日本最古の
五重塔です。醍醐寺(京都府)、瑠璃光寺(山口県)と
共に日本三名塔とされています。創建当時は高さ100mの
七重塔も建っていたそうで今、その七重塔を再建しようと
という動きが出ているそうです。因みに日本で一番高かった
塔は京都の相国寺にあった七重塔と言われています。
なんとその高さは109mで足利義満によって建立されました。
残念ながら消失し、こちらは再建計画は無いそうです。

総合評価★★★☆☆
利便性★★★☆☆
雰囲気★★★☆☆
感動度★★★☆☆
混雑度★★★☆☆
おすすめ度★★★☆☆
おすすめの同行者恋人
所用時間1時間以内

口コミは参考になりましたか?(現在0拍手)  

拍手する

旅スケTOP > 国内旅行 > 近畿 > 奈良県 > 生駒郡斑鳩町 > 世界遺産 > 法隆寺地域の仏教建造物 > 法隆寺地域の仏教建造物のクチコミ -金堂と五重塔