× 閉じる

アジア > 中国 > パオトウ(包頭) > 建物・史跡

五当召五当召(ウーダンジャオ)

 1749年に建てられたチベット仏教寺院。ラサのポタラ宮に対して、小ポタラ宮とも称される。山の麓から斜面に沿って多くの堂宇が並び、部屋数は2500以上。主要な大殿は6つあり、壁画とチベット式の仏像が配された内部はそれぞれ特色があり見ごたえも充分だ。特に蘇古泌独宮は読経の中心で、その雰囲気は厳粛そのもの。

住所古忽倫図蘇木

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
お値打ち度評価なし
雰囲気・快適度 評価なし
混雑度評価なし
娯楽度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

パオトウ(包頭)の建物・史跡

旅スケと地球の歩き方関連ページ

中国パオトウ(包頭)を旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > パオトウ(包頭) > 建物・史跡 > 五当召