× 閉じる

アジア > 中国 > パオトウ(包頭) > 建物・史跡

美岱召美岱召(メイダイジャオ)

 パオトウの東方70㎞、フフホトへの途上にあるチベット仏教寺院。明の隆慶年間の順義王、アルダン・ハンが築城し、1606年にチベットの高僧が本格的にチベット仏教を伝えた後、寺院として整備された。城塞と邸宅を折衷した珍しい構造で、中国とチベットの伝統的な寺院建築が同居するさまに、この地方の文化の多様性が見える。

住所土默特右旗美岱召鎮

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
お値打ち度評価なし
雰囲気・快適度 評価なし
混雑度評価なし
娯楽度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

パオトウ(包頭)の建物・史跡

旅スケと地球の歩き方関連ページ

中国パオトウ(包頭)を旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > パオトウ(包頭) > 建物・史跡 > 美岱召