× 閉じる

アジア > 中国 > ハルピン(哈爾濱) > 建物・史跡

金太祖陵金太祖陵(ジンタイズーリン)

 金を建国したワンヤンアクダ(完顔阿骨打/1068~1123年)の陵墓で、1123年に造営された。5万㎡あまりの敷地に、玉帯橋、門殿、宝頂、寧神殿、地下宮などが残っている。ワンヤンアクダは女真族完顔部の首長で、1114年に金を建国して契丹や遼と覇を競った。女真文字や軍事制度・猛安謀克制を制定し、金発展の基礎を作った。

住所阿城市南約二公里処阿城

情報の修正

平均総合評価★★★★☆4
利便性☆☆☆☆☆
お値打ち度☆☆☆☆☆
雰囲気・快適度 ☆☆☆☆☆
混雑度☆☆☆☆☆
娯楽度☆☆☆☆☆
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

海外ツアー

即決しチャイナ! 往復送迎 直行便利用  成田発着 午前便 ハルビンフリー 3日間 4星スタンダードホテル滞在

関連する目的キーワード

ハルピン(哈爾濱)の建物・史跡

旅スケと地球の歩き方関連ページ

中国ハルピン(哈爾濱)を旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > ハルピン(哈爾濱) > 建物・史跡 > 金太祖陵