× 閉じる

アジア > 中国 > ネイハ(寧波) > 建物・史跡

阿育王寺阿育王寺( アーユーワンスー)

 405年創建の寺で、中国禅宗五山のひとつ。仏舎利を収めた舎利宝塔は、インド・マウリヤ朝のアショカ王が建立したとも伝えられる。境内には、大雄宝殿、舎利殿、法殿、天王殿などがあり、舎利殿には鑑真大師像がある。舎利殿の一部の梁には、日本産の材木が使われている。

住所市の東約20km

情報の修正

平均総合評価★★★★★5
利便性☆☆☆☆☆
お値打ち度☆☆☆☆☆
雰囲気・快適度 ☆☆☆☆☆
混雑度☆☆☆☆☆
娯楽度☆☆☆☆☆
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

ネイハ(寧波)の建物・史跡

旅スケと地球の歩き方関連ページ

中国ネイハ(寧波)を旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > ネイハ(寧波) > 建物・史跡 > 阿育王寺