× 閉じる

アジア > 中国 > ネイハ(寧波) > 建物・史跡

保国寺保国寺(バオグオスー)

 創建は後漢時代にさかのぼる。当初は霊山寺と称したが、845年に火災に遭った後、880年に修建して現在の寺名に改称した。釘を1本も使わずに建てられた本堂・大雄宝殿の柱は、一部を除いて880年当時のまま残されている。1万日かけて精巧な装飾を施したといわれるかご(輿)・万工轎なども見どころ。

住所洪塘鎮(市の北約15km)

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
お値打ち度評価なし
雰囲気・快適度 評価なし
混雑度評価なし
娯楽度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

ネイハ(寧波)の建物・史跡

旅スケと地球の歩き方関連ページ

中国ネイハ(寧波)を旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > ネイハ(寧波) > 建物・史跡 > 保国寺