× 閉じる

アジア > 中国 > ナンキン(南京) > 自然

莫愁湖莫愁湖(モーチョーホー)

 市中心の西に位置する美しい湖。この名は、莫愁が身を投げたことに由来する。莫愁は、中国では六朝南斉の時代(479~502年)の美女として有名な人物。現在は湖一帯が公園となっており、園内には莫愁の像や彼女が居住した郁金堂、明の太祖の朱元璋が将棋を指したと伝えられる勝棋楼などが建っている。

住所水西門大街

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
お値打ち度評価なし
雰囲気・快適度評価なし
混雑度評価なし
娯楽度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

ナンキン(南京)の自然

旅スケと地球の歩き方関連ページ

中国ナンキン(南京)を旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > ナンキン(南京) > 自然 > 莫愁湖