× 閉じる

アジア > 中国 > ナンキン(南京) > 建物・史跡

煦園シューユエン

 江南の風格漂う庭園で、600年の歴史をもつ。明代には漢王、清代には地域総督の庭園で、太平天国期には天朝宮殿の一部、辛亥革命の勝利後には中華民国臨時政府が置かれた。民国時代の臨時大統領事務室や、太平天国の首領・洪秀全に関する歴史陳列館などがある。不系舟という船のような建物は、洪秀全が外賓の接待に使ったものだ。

住所長江路290号

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
お値打ち度評価なし
雰囲気・快適度 評価なし
混雑度評価なし
娯楽度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

ナンキン(南京)の建物・史跡

旅スケと地球の歩き方関連ページ

中国ナンキン(南京)を旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > ナンキン(南京) > 建物・史跡 > 煦園