× 閉じる

アジア > 中国 > シンコウトウ(秦皇島) > 建物・史跡

孟姜女廟モンジャンニュウミャオ

 山海関の東6.5kmにある廟。現在のものは1594年に再建されたもので、孟姜女の像が置かれている。孟姜女は秦の始皇帝の時代、万里の長城の建設中に犠牲になってしまった労働者の妻。彼女は夫の死を悲しみ、山海関から海に身を投じた。

住所山海関区望夫石村

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
お値打ち度評価なし
雰囲気・快適度 評価なし
混雑度評価なし
娯楽度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

シンコウトウ(秦皇島)の建物・史跡

旅スケと地球の歩き方関連ページ

中国シンコウトウ(秦皇島)を旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > シンコウトウ(秦皇島) > 建物・史跡 > 孟姜女廟