× 閉じる

アジア > 中国 > タイゲン(太原) > 建物・史跡

純陽宮チュンヤンゴン

 明代万暦年間(1572~1620年)に創建された道教宮観(寺院)。清代乾隆年間(1735~1795年)の増築を経て、現在は山西省博物館第二部となっている。展示室は楼閣の中にあり、高低が入り乱れた独特の造り。展示品は漢代の石に彫り込まれたレリーフ、歴代王朝の彫塑、書画など。山西省博物館第一部は崇善寺近くの文廟にある。

住所起風街5号

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
お値打ち度評価なし
雰囲気・快適度 評価なし
混雑度評価なし
娯楽度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

タイゲン(太原)の建物・史跡

旅スケと地球の歩き方関連ページ

中国タイゲン(太原)を旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > 中国 > タイゲン(太原) > 建物・史跡 > 純陽宮