× 閉じる

アジア > インドネシア > デンパサール(バリ島) > 建物・史跡

タナロット寺院Pura Tanah Lot

タナロット寺院
西の空が赤く色づくと寺院の神秘的なシルエットが浮かび上がってくる
(C)Masahiro Ariga

海に船のように浮かぶ岩島の上に建てられたバリで最も有名な寺院。真っ赤な夕日をバックにしたシルエットは神秘的なまでに美しい光景で、旅行者の誰もが時を経つのも忘れて見入ってしまう。 海の神が祭られているタナロット寺院の歴史は古い。16世紀にジャワから渡ってきた高僧ニラルタがこの地を訪れ、景観の美しさに目を奪われた。そして「これぞ神々が降臨するにふさわしい場所」と、村人に寺院の建立を強くすすめたという。夕日に包まれたこの寺院を見れば、どんな人でも「神に選ばれた土地」であると思わずにはいられない。日中の干潮時には浜辺と陸続きとなるが、異教徒は境内への入場が禁じられている。

交通アクセス南部リゾートエリア各地から45分~1時間45分、ウブドから40分
営業時間7:00~19:00
所要時間1時間
定休日なし
料金Rp.10,000

情報の修正

平均総合評価★★★★☆4
利便性☆☆☆☆☆
お値打ち度☆☆☆☆☆
雰囲気・快適度 ☆☆☆☆☆
混雑度☆☆☆☆☆
娯楽度☆☆☆☆☆
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

デンパサール(バリ島)のホテルをチェック!

関連する目的キーワード

デンパサール(バリ島)の建物・史跡

旅スケと地球の歩き方関連ページ

インドネシアデンパサール(バリ島)を旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > インドネシア > デンパサール(バリ島) > 建物・史跡 > タナロット寺院