× 閉じる

アジア > マカオ > マカオ > 世界遺産

大堂(カテドラル)と大堂広場Igreja da Sé/Largo da Sé

大堂(カテドラル)と大堂広場
階段の坂道を上ったところにある教会。地味な外観だが、内部は鮮やか

イエスの弟子、聖ラザロSt. Lazarusを祀る教会として1622年に創建され、日本を含むアジア地区の主教管区であったといわれている。マカオのカトリック派の中心的役割を司り、祭壇の下には16~17世紀の司教や聖者の遺骨が納められている。災害などの後、再建を重ね1937年に現在の建物となった。外観はグレーで簡素なイメージを受けるが、中に入るとステンドグラスの美しさに目を奪われる。正面や側面にはめ込まれた水色を多用したステンドグラスはどれもデザインが異なり、それぞれが色鮮やか。
カテドラルに面して石畳の広場がある。噴水、ベンチなどもあり、歩き疲れたらここで休憩もできる。
※土・日曜はミサがある。

住所大堂前地1
交通アクセスセナド広場から徒歩約3分
営業時間7:30~18:30
定休日無休

情報の修正

平均総合評価★★★★☆4
利便性☆☆☆☆☆
雰囲気☆☆☆☆☆
感動度☆☆☆☆☆
混雑度☆☆☆☆☆
おすすめ度☆☆☆☆☆
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

マカオのホテルをチェック!

関連する目的キーワード

マカオの世界遺産

旅スケと地球の歩き方関連ページ

マカオマカオを旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > マカオ > マカオ > 世界遺産 > 大堂(カテドラル)と大堂広場