× 閉じる

アジア > フィリピン > マニラ > 建物・史跡

マニラ大聖堂Manila Cathedral

マニラ大聖堂
荘厳な大聖堂の外観

第2次世界大戦で破壊されたが、1954~1958年に再建された教会で、フィリピンで最も重要な教会とされている。この再建にあたっては、当時の神奈川県知事からの援助があったといわれる。ロマネスク風の建物で、ドーム状の屋根とベルタワーは目を引く。広い内部は厳かな雰囲気で、フィリピン人アーティストによってデザインされたステンドグラスは見もの。また、前方にはオランダ製のパイプオルガンがある。4500本のパイプをもつこのオルガンは、アジアで最も大きいもののひとつだ。

住所Cebildo Cor.Beaterio, Iutramuros
TEL(02)8527-3093
営業時間6:00~17:30
定休日なし
料金無料(寄付)

情報の修正

平均総合評価★★★★☆4
利便性☆☆☆☆☆
お値打ち度☆☆☆☆☆
雰囲気・快適度 ☆☆☆☆☆
混雑度☆☆☆☆☆
娯楽度☆☆☆☆☆
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

マニラのホテルをチェック!

関連する目的キーワード

マニラの建物・史跡

旅スケと地球の歩き方関連ページ

フィリピンマニラを旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > フィリピン > マニラ > 建物・史跡 > マニラ大聖堂