× 閉じる

アジア > シンガポール > シンガポール > 建物・史跡

マーライオン・パークMerlion Park

マーライオン・パーク
水を噴き出す雄姿

1972年9月15日、当時の首相リー・クアンユーの提案で造られたマーライオン。上半身がライオン、下半身が魚の不思議な容姿の像だ。上半身のライオンはシンガポールの名前の由来であるシンガ(サンスクリット語でライオンの意味)に由来し、下半身の魚は港町シンガポールを象徴しているという。そのマーライオンの像は、ワン・フラトンの海側にあり、海に向かって勢いよく水を噴き出している。正面から見られる場所まで桟橋が延び、記念撮影する人々でにぎわっている。高さ約8mの本家マーライオンの背後にはミニマーライオンも立つ。

交通アクセスMRTラッフルズ・プレイス駅から徒歩約10分
料金無料

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
お値打ち度評価なし
雰囲気・快適度 評価なし
混雑度評価なし
娯楽度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

シンガポールのホテルをチェック!

関連する目的キーワード

シンガポールの建物・史跡

旅スケと地球の歩き方関連ページ

シンガポールシンガポールを旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アジア > シンガポール > シンガポール > 建物・史跡 > マーライオン・パーク