× 閉じる

ヨーロッパ > クロアチア > スプリット > 世界遺産

スプリットの史跡群とディオクレティアヌス宮殿Historical Complex of Split with the Palace of Diocletian

スプリットの史跡群とディオクレティアヌス宮殿

南部のアドリア海に面した町スプリットにある宮殿は、ローマ皇帝ディオクレティアヌス(245年~313年)が退位後に余生を過ごした。295年から10年かけて建造。ロマネスク様式の大聖堂やアーチ型の天井をもつ神殿が残されている。大聖堂の鐘楼は、今も昔もスプリットのシンボル。

登録年1979年  

情報の修正

平均総合評価★★★★★5
利便性☆☆☆☆☆
雰囲気☆☆☆☆☆
感動度☆☆☆☆☆
混雑度☆☆☆☆☆
おすすめ度☆☆☆☆☆
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

海外ツアー

◇◇アドリア海の世界遺産2都市周遊◇◇ 路線バス&価格重視ホテル利用<スプリット×ドブロブニク>6日間【成田夜発/ベストエアライン ヨーロッパ*ターキッシュエアラインズ】

関連する目的キーワード

スプリットの世界遺産

旅スケと地球の歩き方関連ページ

クロアチアスプリットを旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > ヨーロッパ > クロアチア > スプリット > 世界遺産 > スプリットの史跡群とディオクレティアヌス宮殿