× 閉じる

ヨーロッパ > スペイン > アヴィラ > 世界遺産

アービラの旧市街と塁壁の外の教会群Old Town of Avila with its Extra-Muros Churches

アービラの旧市街と塁壁の外の教会群
写真提供:スペイン政府観光局

マドリードの西に位置するアービラは、イスラム諸国とキリスト教国が乱立し、戦乱が多かった11世紀に築かれた要塞都市。旧市街は、高さ12m、全長2.5kmの城壁に囲まれている。サン・ビセンテ聖堂や聖女テレーサゆかりのサン・ホセ修道院などの聖堂も世界遺産に登録されている。

登録年1985年  

情報の修正

平均総合評価★★★★☆4
利便性☆☆☆☆☆
雰囲気☆☆☆☆☆
感動度☆☆☆☆☆
混雑度☆☆☆☆☆
おすすめ度☆☆☆☆☆
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

アヴィラの世界遺産

旅スケと地球の歩き方関連ページ

スペインアヴィラを旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > ヨーロッパ > スペイン > アヴィラ > 世界遺産 > アービラの旧市街と塁壁の外の教会群