× 閉じる

中南米 > ドミニカ共和国 > サント ドミンゴ > 建物・史跡

アルカサルAlcázar de Colón

 コロンブスの子孫が3代にわたって住んでいたという建物。旧市街の中心に位置する。ラス・ダマス通りの突きあたりにある堂々とした歴史的建造物で、1510年から4年間かけて建てられた。館内には、植民地時代のヨーロッパ人たちの贅沢な暮らしが再現されており、豪華な当時の家具のコレクションなど見ごたえは充分だ。

住所Calle Atarazana No.2

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
お値打ち度評価なし
雰囲気・快適度 評価なし
混雑度評価なし
娯楽度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

海外ツアー

サントドミンゴDE旧新市街に滞在☆旧市街と近代的で大都会の新市街二つの魅力をもつ街

関連する目的キーワード

サント ドミンゴの建物・史跡

旅スケと地球の歩き方関連ページ

ドミニカ共和国サント ドミンゴを旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > 中南米 > ドミニカ共和国 > サント ドミンゴ > 建物・史跡 > アルカサル