× 閉じる

中南米 > メキシコ > チチェンイッツア > 世界遺産

古代都市チチェン・イッツァPre-Hispanic City of Chichen-Itza

古代都市チチェン・イッツァ
撮影:ペネットさん

ユカタン半島の突端付近に位置するチチェン・イッツァは、古代マヤ文明のトルテカ期(948~1204年)最大の都市遺跡。チチェンは、「井戸のほとり」、イッツァは「水の魔術師」という意味をもつ。蛇の神ククルカン(羽毛の蛇)のピラミッド型神殿、戦士の神殿、球技場など、トルテカ・マヤ様式の建造物が残っている。

登録年1988年  

情報の修正

平均総合評価★★★★☆4
利便性☆☆☆☆☆
雰囲気☆☆☆☆☆
感動度☆☆☆☆☆
混雑度☆☆☆☆☆
おすすめ度☆☆☆☆☆
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

海外ツアー

チチェンイツァに宿泊! マヤ遺跡をじっくり堪能☆メキシカンリゾート・カンクンの休日

関連する目的キーワード

チチェンイッツアの世界遺産

旅スケと地球の歩き方関連ページ

メキシコチチェンイッツアを旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > 中南米 > メキシコ > チチェンイッツア > 世界遺産 > 古代都市チチェン・イッツァ