× 閉じる

オセアニア > マーシャル諸島 > マーシャル諸島 その他の都市 > 世界遺産

ビキニ環礁Bikini Atoll

1946年から1958年にかけての、いわゆる冷戦時代に米国による核実験が繰り返されたマーシャル諸島共和国に属する環礁。1954年の水爆実験の際には、日本のマグロ漁船・第五福竜丸を初め、約1,000隻以上の漁船が死の灰を浴びて被曝した。現在では放射能レベルも、短期間の滞在では問題ないレベルまで下がっており、現在ではリゾートホテルもある。

登録年2010年  

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
雰囲気評価なし
感動度評価なし
混雑度評価なし
おすすめ度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

マーシャル諸島 その他の都市の世界遺産

旅スケと地球の歩き方関連ページ

旅スケTOP > 海外旅行 > オセアニア > マーシャル諸島 > マーシャル諸島 その他の都市 > 世界遺産 > ビキニ環礁