× 閉じる

中東 > ヨルダン > ヨルダン その他の都市 > 世界遺産

ウム・エル-ラサス(キャストロ・メファ)Um er-Rasas (Kastrom Mefa'a)

3世紀末のローマ時代から9世紀のイスラム時代初期までの都市遺跡。聖ステファン聖堂の床のモザイク画は保存状態が良く、歴史を伝える貴重な資料となっている。このほか、軍事建築の遺構や遺跡周辺ではダムや水路などを備えた農業施設の跡や、墓地なども発見されている。キャストロ・メファとはウマイヤ朝時代の地名。

登録年2004年  

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
雰囲気評価なし
感動度評価なし
混雑度評価なし
おすすめ度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

ヨルダン その他の都市の世界遺産

旅スケと地球の歩き方関連ページ

旅スケTOP > 海外旅行 > 中東 > ヨルダン > ヨルダン その他の都市 > 世界遺産 > ウム・エル-ラサス(キャストロ・メファ)