× 閉じる

アフリカ > カーボベルデ > カーボベルデ その他の都市 > 世界遺産

シダーデ・ヴェーリャ、リベイラ・グランデ歴史地区Cidade Velha, Historic Centre of Ribeira Grande

アフリカ大陸の西側海域に存在する、諸島からなるカーボヴェルデ共和国。1444年にポルトガル人がこの島を発見し、1462年にはポルトガル人の居住区が開設された。16世紀にはアフリカ大陸~アメリカ大陸間を航行する奴隷船の中継基地となり繁栄。大理石の柱に支えられた教会や王家の要塞、晒し台広場などが遺されている。

登録年2009年  

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
雰囲気評価なし
感動度評価なし
混雑度評価なし
おすすめ度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

カーボベルデ その他の都市の世界遺産

旅スケと地球の歩き方関連ページ

旅スケTOP > 海外旅行 > アフリカ > カーボベルデ > カーボベルデ その他の都市 > 世界遺産 > シダーデ・ヴェーリャ、リベイラ・グランデ歴史地区