× 閉じる

アフリカ > ケニア > モンバサ > 世界遺産

ミジケンダの聖なるカヤの森林Sacred Mijikenda Kaya Forests

ケニアのインド洋沿岸地帯に11ヶ所が点在する“カヤ”と呼ばれる聖林。16世紀頃、他の種族に追われ沿岸部に住み着いたミジケンダ族が、侵略者から村を隠すためや祖先を埋葬する場所として植林をした場所だ。現在では土地開発などの影響で減少しており、希少動植物の生息場としても貴重な存在となっている。

登録年2008年  

情報の修正

平均総合評価☆☆☆☆☆0
利便性評価なし
雰囲気評価なし
感動度評価なし
混雑度評価なし
おすすめ度評価なし
※過去三年間の評価の平均です。

基本情報の続きを読む

関連する目的キーワード

モンバサの世界遺産

旅スケと地球の歩き方関連ページ

ケニアモンバサを旅する

旅スケTOP > 海外旅行 > アフリカ > ケニア > モンバサ > 世界遺産 > ミジケンダの聖なるカヤの森林