× 閉じる

年末の中国・アモイと世界遺産・福建土楼(二宜楼)を旅する二泊三日の旅っ!!

年末の中国・アモイと世界遺産・福建土楼(二宜楼)を旅する二泊三日の旅っ!!

2012年も押し迫った12/29〜31の年末に行く、アモイ&福建土楼(二宜楼)への旅です。日本では有名でないかもしれませんが非常に素晴らしい街と世界遺産でした。

がちょうさんがちょうさん
旅行期間3日間
旅行目的世界遺産 /有名スポット
旅行時期2012年12月29日
拍手数3拍手
コピーされた数0
旅行先 [中国
シンセン(深セン)
アモイ(厦門)
続きを見る

1日目 2012年12月29日(土)

  • 自宅

  • 06:45~07:30

    移動(車)

    タクシー移動で約45分

  • 深セン宝安国際空港

    厦門航空はA楼(ターミナル)。 B楼近くのチェックイン・カウンターでチェックイン! 中国国内移動ですがパスポートはお忘れなく。

  • 09:25~10:30

    移動(飛行機) / 厦門航空

    MF8332(Flying Time:1hr05min) 中国国内線には珍しく、時間通りに発着♪ 機内も綺麗で約1時間のフライトには全く問題無しっ!

  • 廈門高崎国際空港

    小さい空港なので迷うことは無いと思います。 預け荷物のところのトイレは中のトイレ数がすごい少なく混んでいました。 我慢できれば預け荷物出口後の方が混んでいませんでした…。 (男性用 小:1/大:1、女性用2(嫁情報))

  • 移動(車)

    JTBから手配して頂いていた車にピックアップしてもらう。

  • 11:30~12:00

    食事

    空港から約20分でアモイ市内の中華料理屋さんで軽く昼ご飯。

  • 移動(車)

  • 12:30~12:35

    厦門~コロンス島 フェリー

    料金:8元(往復)(アッパーデッキの場合+1元) 乗車時間:約5分 すぐに着きます(笑) 中国の観光客がいっぱいです。 乗車時は貴重品に気をつけて勇気を持って突っ込みましょう! (自分たちはガイドさんが居たので先導してもらいました。中国に住んでいる自分たちでも中国人多いな…。と思う次第でしたw)

  • 12:35~15:55

    コロンス島

    島の面積:約2平方km  橋も無いため、車への乗り入れも出来ません。  島への移動方法は船のみ。  島内の移動は電動カートか徒歩のみ。  (公安や救急車もカートらしいです)

  • 午後

    旧大使館&華僑別荘巡り

    イギリス、ドイツ、オランダ、日本などの旧大使館がコロンス島に集まっています。 温暖な気候と風光明媚なところが集まった理由でしょうか?

  • 午後

    お茶

    李家荘休閑コーヒー旅館 李さん(華僑)の別荘です。 レンガ作りの洋風建築の上に中国式屋根の外観建築。 そこに隣接されているカフェ。

  • 午後

    菽荘花園

    林さん(華僑)が作った海辺の庭園。 海辺の岩場からは日光岩や浜辺が綺麗に見えます。 入場料:30元(庭園内のピアノ博物館と共通)

  • 午後

    ピアノ博物館

    ピアノ所有率が世界一というコロンス島。 3軒に1台のピアノがあるそうです。 古い装飾されたピアノなどが展示されています。

  • 16:00~16:10

  • 16:15~17:00

    中山路

    アモイ一番の古くからの繁華街。 ちょっと昔まではアモイの市内へ行くというと中山路周辺を指したそうです。 買い物はしないけれどぶらぶら街並み観光♪

  • 17:00~17:20

    移動(車)

  • 17:20~18:30

    好清香大酒楼 湖浜中路店

    福建料理のお店。 お店も新しいのか外装も内装も綺麗。 広東料理に近い、味の薄めのさっぱりとした味わい。

  • 18:30~19:30

    移動(車)

    普通なら30分程度の道のりが渋滞で約1時間。 アモイも中国のご多分に漏れず、車が増大しているものの道路などの交通整備が追いついていないそうです。

  • ホテル ニッコー厦門(厦門日航酒店)

    2011年09月オープンしたばかりの五つ星ホテル。

2日目 2012年12月30日(日)

  • 09:00~11:50

    移動(車)

    ガイドさんと運転手さんにホテルで合流♪ 福建土楼(二宜楼)へ出発! 途中、道路工事もあったりして通常よりも20分ほどかかったそうです。

  • 12:00~15:00

    福建土楼(二宜楼)

    世界遺産・福建土楼(二宜楼) 土楼入り口の食堂で腹ごしらえ(福建の田舎料理)して、見学開始! 入場料:30元

  • 15:00~17:30

    移動(車)

    帰りは工事の渋滞もそれほど影響なく約2時間半で市内&夕食のレストランへ到着♪

  • 17:30~19:00

    佳麗シーフードレストラン

    福建の海鮮料理屋さん。 地元の人たちに有名(人気)なお店だそうで、早めに到着したのにも関わらず、続々とお客さんが来ていました。 どの料理も大変美味しく、中国在中で広東料理は多く食べている我が家ですが納得納得っ♪

  • 19:00~19:30

    移動(車)

  • ホテル ニッコー厦門(厦門日航酒店)

3日目 2012年12月31日(月)

  • 11:00~11:20

    移動(車)

    タクシーで南普陀寺へ移動。 Total:35元でした。 アモイタクシー初乗り:8元+『2元(チャージ料やチップみたいなもの)』 メーター料金に+2元を取られますが中国ではよくあること。 自分の住む深センでは+3元で地域によっても差があります。 ぼったくりではありませんのであしからず。

  • 11:30~13:00

    南普陀寺

    アモイ中心部の仏教寺院。 熱心な参拝者でいっぱいです。

  • 厦門大学

    本当はアモイ大学を抜けて散歩するつもりだったけど、行列が出来ていて断念…。 大学内部に何があるは謎(笑)

  • 13:00~13:20

    移動(車)

    帰りはタクシーの運ちゃんが海岸線を走ってくれ、非常に気持ちいい♪ 料金:36元

  • 13:30~14:50

    ホテル ニッコー厦門(厦門日航酒店)

    ホテル26階の『弁慶』で昼食。 眺めもよく、お寿司も肉厚でした♪ (その後、ロビーで休憩)

  • 15:00~15:20

    移動(車)

    市内の外周の道路はさほど混むこと無く、すいすい予定通り到着♪ この旅行でお世話になったガイドさんと運転手さんにお別れ。ありがとうございましたおかげでいい旅になりましたっ!

  • 16:45~17:50

    移動(飛行機) / 厦門航空

    MF8315(Flying Time:1hr05min) 驚くべき、ここでも予定通りのフライト。 中国国内路線でこんなに時間通りとは厦門航空素晴らしい♪

  • 18:00~19:00

    移動(車)

  • 自宅

    19:00に無事到着。お疲れさまでした。 アモイと土楼。素晴らしい街と世界遺産でした。 個人的には北京の故宮博物院よりも満足!

前のスケジュール 続きを見る

この旅行記の予算(2人の旅行)

移動36,200円
宿泊32,400円
食事10,000円
ツアー代60,000円
観光5,000円
その他10,000円
合計153,600円
(一人当たり 76,800円)

年末の中国・アモイと世界遺産・福建土楼(二宜楼)を旅する二泊三日の旅っ!!へのコメント

コメントを見る(2)

  • がちょうさん 2013/08/25 22:34

    パッピーさん
     コメントありがとうございます。
     自分の旅スケで福建土楼を訪れたとのこと、ちとびっくりしました。
     でも、その良さが伝わってよかったです。
     日本では多くの方がまだ知らないところと思いますが、歴史や文化、知恵が詰まった土楼ですよね!

  • パッピーさん 2013/08/25 07:26

    がちょうさんの旅スケに触発されて福建土楼を訪れました。 改めて旅スケを読ませて戴きました。 
    写真が綺麗で、説明が明瞭簡潔です。 私は中国語が全く分かりませんが、いつか路線バスを乗り継いで再訪し、土楼内(コロンス島内)にも泊まりたいです。 

スケジュールをカレンダーに登録する

iCal形式 Webcal形式

旅行記は参考になりましたか?(現在3拍手)

拍手する

旅スケTOP > 年末の中国・アモイと世界遺産・福建土楼(二宜楼)を旅する二泊三日の旅っ!!の旅