× 閉じる

初級 へっぴりスキーヤーが、ツエルマットを滑ってみたら?9日間

初級 へっぴりスキーヤーが、ツエルマットを滑ってみたら?9日間

マッターホルンを眺める余裕もなく、標高3883メートルから転んで、横滑りして、固まって、ゴンドラで降りてきました。それでもヨーロッパの冬のリゾートの気分は満点です。

キーウイママさんキーウイママさん
旅行期間9日間
旅行目的スキー /自然
旅行時期2013年03月09日
拍手数4拍手
コピーされた数0
旅行先 [スイス
チューリッヒ
ツェルマット
ザースフェー
テーシュ
リッフェルベルク
[イタリア
チェルビニア
[東京都
荒川区
[千葉県
成田市
続きを見る

1日目 2013年03月09日(土)

2日目 2013年03月10日(日)

  • アルペン リゾート

    朝食は7時から。ベーコン、卵などの暖かいおかずや、ヨーグルトにきゅうりとミニトマト、果物など。3分ゆで卵が好きだ。マッターホルンが見えるが、その前にクレーンも見える。

  • 08:50

    移動(徒歩)

    ゴルナーグラード駅集合 レンタルスキー店へ。初級の短い板を借りる。

  • ゴルナーグラート鉄道

    昨日申し込んだ6日間スキーパス(423フラン)を受け取り、鉄道へ。夫はシニア料金(398フラン)スキー客でほぼ満員の車内。マッターホルンが美しい。

  • ゴルナーグラート

    スキー板を抱きしめ、重いスキーブーツを履いて、ゲルマン民族に挟まれて、ゆっくり鉄道は行く。降りるとすぐにそこはスキー場。標高3089メートル。ちょっと足がすくむ

  • リッフェルベルグのゴンドラ乗り場

    初級がないに等しい、コースでへっぴり腰と、転ぶこと数回。チームのインストラクターにレストランへゴンドラで行くことを指示される。とほほ。

  • Simi レストラン

    ゴンドラ「フーリ駅」近くのレストラン http://www.restaurantsimi.ch/restaurant.html

  • ゴンドラ ふーり furi駅

    ご飯をツアーの人たちと食べ、私だけゴンドラで、ツェルマットへ下る。

  • ツエルマット ゴルナーグラード行ゴンドラ乗り場

    駅からとぼとぼと宿に一人戻る

  • バーンホフ通り

    重いスキーのブーツを脱ぎ、軽い靴に履きかえて、商店街に。ただし、日曜なので休んでいる店が多い。

  • 16:30

    ぶらつく

    ゴルナーグラード駅集合 街の案内ガイド付き。 教会まで歩く。 あとは土産屋でぶらぶら

  • coop

    スイスの生協です。安いし、品ぞろえも多い。イースターが近いので、ウサギや卵の飾り物やチョコを売っている。

  • 18:00

    アルペン リゾート

    コミュニケーションパーティという名の顔合わせ。秋田県から岐阜県まで、各地からの参加者。シニアが多い。7時から夕食 

3日目 2013年03月11日(月)

  • 07:00~07:30

    アルペン リゾート

    曇りがち 7時からの朝食は、時間前から日本人が群がっている。

  • 08:30

    移動(バス)

    近くのバス停集合。ツエルマットの街中は無料の循環電気バスが10分おきくらいに走っている。

  • クラインマッターホルン行ゴンドラ

    街のはずれにあるゴンドラ乗り場。ツアーはイタリアのチェルビニアに行くのでパスポートを持参。私は行かない(連れて行ってもらえない)ので不要。

  • クライン・マッターホルン

    トロッケン シュティグで大型ゴンドラに乗り換えてクライン・マッターホルン3820mへ 皆をイタリアへ見送ってから、カフェでお茶とケーキ 景色はあまり見えないが、スキーヤーがどんどん滑り降りるのを眺める。高度のせいか頭が痛くなって、下に降りる。

  • クラインマッターホルン行ゴンドラ

    雪が降り続き、ホワイトアウトになってきた。スイス人の男性とおしゃべりしながら下る。彼は奥さんだけが滑っているそうだ。

  • ツエルマット街歩き

    12時までは店が開いている。 パン屋でほうれんそうのキッシュをチョコの割れた塊を買う。

  • アルペン リゾート

    部屋でキッシュとお茶で昼食。 地下のプールを見に行ってみる。 誰もいない。サウナとプールのジャグジーを満喫してお昼寝。夫は4時30分に帰ってきた。

  • ぶらつく

    夫はレンタルスキーが気に入らず取り替えてもらう。生協で土産のチョコなどを買い込む

  • 食事

    本日もホテルで食事

4日目 2013年03月12日(火)

  • 07:00~07:30

    アルペン リゾート

    早くいかないと果物がなくなる。 きゅうりとミニトマトだけの生野菜に飽きてくる。ジャムやシリアルは豊富だ。

  • 移動(バス)

    ツアーはイタリアのバルトナッシュへ行く。私は夫に導かれ、イタリアのチェルビニアに行く予定。本日も、近くのバス停で8:30集合バスでゴンドラ乗り場へ

  • クラインマッターホルン行きゴンドラ

    皆はイタリアのスキー場に行く。私は夫の案内でチェルビニアへスキーで行ってみることにした。いけるかな

  • マッターホルン・グレーシャーパラダイス、シュヴァルツゼー行きリフト乗り場

    イタリア行のゴンドラ乗り場「テスタ・グルジア」まではとにかくスキーでいかねば!

  • 移動(スキー)

    スキーしか移動手段がないので、中級のコースを滑る。意外と平ら、1か所急な場所は横滑りで何とか切り抜ける。

  • テスタ グリジア

    スイスとイタリアの国境地点のゴンドラ。本当は滑り降りたいが、私の技術では無理なのでここからゴンドラで下る。

  • 移動(ゴンドラ)

    チエルビニアを午後2時までに出ないとスイスに戻れないというので、ゴンドラで一気に降ります。

  • 【絶景】北イタリアのチェルヴィニア

    なんだかスイスより明るくて、陽気なイタリアの街です。 でも便器に便座がないぞ!

  • 移動(ゴンドラ)

    表通りをちょっと歩いて写真を撮るだけで、町はずれのゴンドラ乗り場へ急ぐ。スキー靴は重たい

  • テスタ グリジア

    国境の標高480メートルにあるレストランに入る。 イタリアなので@ユーロ、フラン換算で12フランで「パニーニ」+カフェラテ2つ すごく安い!それに美味しいぞ。

  • 移動(スキー)

    ゴンドラ乗り場までスキー滑走。ここは平らで楽ちんだった。

  • トロッケナーシュティグ(Trockner Steg)

    ツエルマットまでは私の技術では無理なので、ここからツエルマットまでゴンドラで降りる

  • 移動(ゴンドラ)

  • ツエルマット クラインマッターホルン行ゴンドラ駅

  • 移動(バス)

    ツエルマットはスキー場までが、遠い。重い靴とスキーを抱えての移動はしんどいぞ。

5日目 2013年03月13日(水)

  • 07:00~07:30

    アルペン リゾート

    本日はスネガで集合が30分遅い。けれど、日本人はやっぱり7時前から並んでいる。

  • 移動(バス)

    バス停に9時集合

  • スネガ行地下ケーブルカー駅

  • 移動(地下ケーブルカー)

    地下ケーブルカー乗り場までかなりの距離トンネルを歩く。その上階段状のケーブルカー乗り場はきついよね。

  • スネガ・パラダイス

    マッターホルンが目の前に見えるスネガ。ここからゴンドラでロートホルンスキー場へ

  • 移動(ゴンドラ)

  • ロートホルン・パラダイス

    初級で短いコースがあるエリア。ロープ塔ではなく、リフトなので、なんとなく安心だ

  • 移動(スキー)

    美味しいレストランへ行きたくて、滑りました。

  • 食事

    フルハルプレストラン:http://www.fluhalp-zermatt.ch/ どんぶりに入ったポトフ と地ビール

  • 移動(スキー)

    中級コースをへっぴり横滑りでゴンドラ乗り場へ。 中級といっても、なだらかな場所あり、崖みたいなところもあるからね。

  • ガント(Gant)ゴンドラ駅

    blauherdのゴンドラ乗り場まで乗車 夫はここからスキーで滑った。

  • 移動(ゴンドラ)

  • 移動(地下ケーブルカー)

  • スネガ行ケーブルカー ツエルマット駅

  • 移動(バス)

  • 19:00

    アルペン リゾート

    夕食が毎日付きます。フルコースで、毎日バラエティに富んだ食事でした。

6日目 2013年03月14日(木)

  • 07:00~07:30

    アルペン リゾート

    相変わらず出だしが早い日本人グループ。サ本日ツアーはサースフェーへ

  • 08:30

    移動(徒歩)

    近くのガソリン車が止まることのできる駐車場まで歩く

  • 08:30

    移動(車)

    タクシーで分乗して、サースフェーへ参加費80フラン。私は滑らないけど、ゴンドラ券で展望台までは行く。

  • 09:50

    サースフェー ポストバスターミナル

    ツェルマットの谷を抜け、隣のサースフェーの谷へ。谷が押し迫っている。

  • 移動(徒歩)

    町はずれのポストバスの駐車場からは電気自動車しか街に入ることが出来ない。靴をスキーブーツに履き替え(私はそのまま)展望台行ロープウエイ乗り場へ

  • 移動(サースフェー・ミッテルアラリン展望台行ゴンドラ

    3500メートルにある展望台へ。

  • ミッテルアラリン展望台

    回転レストランがある展望台。夫を見送って覗く。高級感がする。動かないカフェを覗くが、頭が痛くなったので、下に降りることにする。

  • 移動(ミッテルアラリン~サースフェー)ゴンドラ

    地下ケーブルに3分、ロープウエイに乗り換えて20分ほど。山はツェルマットより迫っている。

  • 11:30

    サースフェー街歩き

    お昼に店が閉まってしまう。 あまり選べずに刺繍のエプロンを購入

  • 12:30~14:00

    食事

    レストラン Restaurant La Gorge 展望台行ゴンドラ乗り場に近いレストラン。ここで、ツアーに人たちと合流。子牛ウインナシュニッツル+紅茶 2人分で600フランもする。

  • ぶらつく

    食後は、さっきの残りの街歩き。レングブルーの展望台へ行くが閉まっていた。

  • サース谷博物館

    街の中ほどにある。1人4フラン 木造の5階建ての建物 時々襲ってくる山雪崩にも負けない生活史を中心に展示している。

  • 移動(ハンニックの展望台行のゴンドラ)

    役場に素敵な案内所ときれいなトイレがある。さっぱりして街の反対側にある展望台へ歩く

  • 14:30~15:00

    ハンニックの展望台

    サースフェーのゴンドラカードを持っているので無料。6分ほどで到着。ここから、そりのコースがあり、家族連れが、出発する。風が強くなる。ゴンドラが止まると困るのでそそくさと降りる。

  • 移動(徒歩)

    歩いていると、午後はスキーを断念した人たちに会う。

  • サースフェー ポストバスターミナル

    4時に集合。夫はプラッティエン plattjenから気持ちの良いコースを延々と滑ったそうです。

  • 移動(車)

    タクシーで1時間半ツエルマットに戻ります。

  • 19:00

    アルペン リゾート

    本日のメニュー 前菜&サラダ、スープ、ラクレットデザート(あんずのシャーベット)

7日目 2013年03月15日(金)

  • アルペン リゾート

    本日は最終日 各自が自由に滑ります。  持参のおかゆを食べないと土産のスペースが開かないので、朝ご飯前に食べます。でもやっぱり食事はきっちりいただきます。

  • 移動(バス)

    無料バスでスネガ駅へ

  • 移動(スネガ行地下ケーブルカー)

    やはり重たいブーツでの移動は疲れます。

  • スネガ・パラダイス

    2288メートル。ここでも十分マッターホルンが眼前に見えます。

  • 移動(ロートホルン行ゴンドラ)

  • ロートホルン行リフト

    3103メートルのロートホルンへここに唯一私でも滑ることが可能なコースがあります。

  • 移動(スネガ行ゴンドラ)

    2本滑ったら、もう疲れた。夫と別れ、スネガでランチの待ち合わせをすることに。

  • スネガ・パラダイス

    ゲルマン人がバンバン滑って降りてきます。子供だって、しっかりと長距離滑ります。体力勝負です。私はここで、デッキでのんびりと日光浴。 西洋人の老人たちといっしょです。

  • 食事

    スネガ セルフサービスレストラン http://www.matterhorngroup.ch/en/restaurants/rothorn/buffet-bar-sunnegga/restaurant/セルフサービスなのにレシュティ+ソーセージ+コーラで2500円 ゲレ食の価格王者です。

  • 移動(スネガ地下ケーブルカー)

    夫と別れて、街に降ります。

  • 移動(バス)

    無料バスでレンタルスキー屋へ返しに行ったら、なんと昼休み。1時間ほど駅前で、ハトに餌をやる人をぼんやり眺めます。

  • レンタルスキー屋

    2時になり、スキーを返します。

  • ぶらつく

    最後のお土産さがし。息子用の旅行用ポシェットを購入。ワインも生協で購入。ゴルナーグラード駅でパスを返却5フラン戻る。

  • アルペン リゾート

    せっかくスパがあるというので、夫と水着に着かえ行ってみます。サウナやプールを楽しんで、これから荷づくりじゃ。

前のスケジュール

この旅行記の予算(1人の旅行)

移動0円
宿泊0円
食事12,000円
ツアー代330,000円
観光8,000円
その他60,000円
合計410,000円
(一人当たり 410,000円)

メモ

フェロースキー のツェルマット・デラックス・マウンテンサイド9日間に参加。

リフト6日間 423フラン
レンタルスキー 6日間160フラン 
サースフェー観光 80フラン
昼食 ゲレ食事 平均3千円くらい(高い!)
朝食・夕食込だったので、これを外食したらもっと高くなっていた。

事前準備にヘルメット購入 1万円
気温が低く、スキー時に汗を書いた後、冷える汗冷えを防ぐため
ミズノのプレスサーモの下着を購入。シャツ5250円 タイツ5250円
これは暖かくて良かった。

初級 へっぴりスキーヤーが、ツエルマットを滑ってみたら?9日間へのコメント

コメントはまだありません。

スケジュールをカレンダーに登録する

iCal形式 Webcal形式

旅行記は参考になりましたか?(現在4拍手)

拍手する

旅スケTOP > 初級 へっぴりスキーヤーが、ツエルマットを滑ってみたら?9日間の旅