× 閉じる

Youは何しに、この世の果てへ/招待状は地獄行き☆国境を徒歩突破、地獄の門へ

Youは何しに、この世の果てへ/招待状は地獄行き☆国境を徒歩突破、地獄の門へ

2018年のゴールデンウィークは無謀にも中央アジアの北朝鮮と称される国への旅。Youは何しにトルクメニスタンへ?【地獄の門へ-1(クフナ・ウルゲンチ編)】

animoさんanimoさん
旅行期間7日間
旅行目的世界遺産 /寺院・宮殿・城・史跡
旅行時期2018年04月29日
拍手数1拍手
コピーされた数1
旅行先 [韓国
インチョン(仁川)
[ウズベキスタン
タシケント
ウルゲンチ
ヒバ
[トルクメニスタン
トルクメニスタン その他の都市
[千葉県
成田市
続きを見る

1日目 2018年04月29日(日)

  • 早朝

    自宅

    海外への旅は朝が早く、早朝5時台の電車にて出発♪

  • 07:00

    成田空港(成田国際空港)

    空港着は7時過ぎ。チェックイン2時間半前なのに、大韓航空のカウンター前には長蛇の列ができていた。私たちの経路は、大韓航空でソウル経由タシュケントへ。

  • 仁川国際空港

    ソウルでのトランジットタイムは3時間弱。昼前に到着し15時の飛行機に搭乗する。さすが、GW。日本人の数が多い!

  • タシュケント国際空港(ユジュニ空港)

    19:20定刻に飛行機はタシュケント国際空港へ到着。今年のウズベキスタン旅では驚くことが沢山あったのだが、その1つ目がまず空港で。2017年は2時間かかった出国手続きが、30分で終了したこと。今、観光に力を入れ始めたウズベキスタン。日本人は観光ビザも必要なくなったので、行きやすくなったね。

  • 移動(車)

    空港からタクシ-5分でホテルへ到着。

  • 20:00

    Grand Art Hotel(グランド・アート・ホテル)

    宿泊先に選んだのは空港からも近いGrand Art Hotel。空港送迎はホテルに依頼しておけば片道10US$。Grand Art Hotelはトランジットホテルとしてお勧め。

2日目 2018年04月30日(月)

  • 04:00

    Grand Art Hotel(グランド・アート・ホテル)

    起床は4時前。タシュケント国内線空港へと向かう。国際線空港とは車で5分ほど離れているので、どちらに行きたいのかはしっかりタクシーの運転手さんに伝える必要がある。

  • タシュケント国内空港

    6:10の飛行機でウルゲンチへ。機内では簡単な軽食が出た。

  • ウルゲンチ空港

    ウルゲンチ空港からは手配車でトルクメキスタンの国境へと向かう(所要時間30分)。

  • 09:00~11:00

    ウズベキスタン-トルクメニスタン国境

    ウズベキスタンの国境の町はシャワット、トルクメニスタン国境の町はダシャボウズ。国境エリアに入ったらカメラは絶対に出したらダメ。ウズベキスタン側の国境は簡単に抜けられたが、問題はトルクメニスタン側。噂通り、ビザを取るのも大変で、かかった時間は2時間弱。詳細は、旅行記にて。

  • クニヤ‐ウルゲンチ(クニヤ‐ウルゲンチ)

    国境で迎えのガイドさんと合流したら、クフナ・ウルゲンチ遺跡へと移動。遺跡は二つの地域に分かれていて、まずはその一つ目へ。

  • 12:10~13:30

    食事

    昼食はガイドさんお勧めのレストランにて。レストランにメニューは無く、厨房の料理を指さしでオーダーする。

  • クニヤ‐ウルゲンチ(クニヤ‐ウルゲンチ)

    食後は二つ目の遺跡へ。クフナ・ウルゲンチ遺跡は10世紀から14世紀にかけてホレズム王国の首都であった場所で、当時の中央アジアで最大の都市だった場所。現在でも当時の色合いが残るモザイクタイルが建物を覆っていて、見どころは沢山。お勧めはトレベクハニム廟。宇宙を表した天井モザイクタイルが素敵♪

  • 14:30~17:30

    移動(車)

    クフナウルゲンチから地獄の門までは、車で約3時間。ドバイのデザートサファリも真っ青な悪路を行く。途中でガソリンスタンドでトイレ休憩。砂漠の中の1本道なので、日を遮るモノもなく、車内はかなり暑くなる。

  • 地獄の門

    17:30にカラクム砂漠のど真ん中にある地獄の門へと到着。まずは、今晩の夕食の準備から。この日は同じキャンプには私達をふくめ、日本人3組のゲストだった。

  • 深夜

    地獄の門

    夕方から翌朝まで、キャンプから地獄の門の間を行ったりきたり。 夕焼けの地獄の門、深夜の地獄の門、明け方の地獄の門…と地獄の門つくし一夜だった。

3日目 2018年05月01日(火)

  • 08:00

    地獄の門

    朝8時。地獄の門を出発して国境へと向かう筈だったのだが、少々予定変更。ローカルなトルクメニスタンの風景を見せてもらえることに…。

  • 食事

    ランチはトルクメニスタン第二の都市ダシャボウズにて。トマトが美味しいのは、塩が多く含まれる土が原因かな?

  • 午後

    オールド・バザール

    ダシャボウズのオールド・バザールへと向かう。トルクメン語は全然分からなかったが、ガイドさんが通訳してくれて、バザールのおば様方とちょっとしたコミュニケーション。 楽しかった~。

  • 14:00~15:00

    ウズベキスタン-トルクメニスタン国境

    帰路のトルクメニスタン国境では、撮影した写真を細かくチェックされた。トルクメニスタンは、許可を得ていない人物を写真に撮るのは禁止されているなど写真に対してかなり厳しい国。だから、写真撮影時は色々と気を遣うところが多い。

  • ヒヴァ

    ウズベキスタン国境からヒヴァまでは手配車で移動し、約1時間。

  • 16:00

    イスラム・ベック・ホテル

    ヒヴァでの宿はイスラムベック・ホテル。 熱いシャワーも出るし、部屋はソコソコ清潔だし、ツインルーム2泊で60ドル弱とお得な宿だった。 宿に着いたらまずはシャワー。二日間の砂漠での汚れを落とす。

  • 夕刻

    ぶらつく

    人心地がついたら、両替をしに町の中へ。両替所は17時までと言う事で、16:50分頃に行ったら、もう店じまいをしていて、明日の10時に来て…と言われた。今、お金が無いと困るんですけど…ということで、向かったのはホテル内に両替所があるアジアホテル。ここで、無事に両替ができた。

  • 午後

    夜景散歩

    夕景をキョフナ・アルクの城壁から楽しんだ後は、テラスのあるレストランで夕食。 ヒヴァは小さい街なので、少し高い建物から町の様子が一望できる。

4日目 2018年05月02日(水)

  • ヒヴァのイチャン・カラ(イチャン・カラ)

    この日は1日かけて、ヒヴァの古都を愉しむ日。 城壁の上に上がったり、ミナレットの一番上まで登ったり、地元の子供たちと木の実採りをしたり、観光と言うよりもリラックスし、のんびりとした1日をヒヴァで過ごした。

  • イスラム・ベック・ホテル

    ホテルで翌日のカラめぐりの車を手配。フロントのお兄さんは英語が通じるし、車の手配も格安でしてくれるので、個人旅行者にはお勧めのホテル。

5日目 2018年05月03日(木)

  • カラカルパクスタン共和国

    カラカルパクスタン共和国に残るカラ巡りの一日。 宿であるイスラムベック・ホテルでカラ巡り(7か所)のタクシーを39US$でチャータし、朝の8時に出発。

  • 08:00~18:00

    カラ巡り

    紀元前から紀元後10世紀頃までに栄えていた遺跡を巡る一日。 風化してボロボロになったカラも多いが、中には2階構造がそのまま残ったカラもあり、遺跡めぐりが好きな私達には非常に有意義な一日だった。

  • ウルゲンチ空港

    ウルゲンチ空港を21時発の飛行機でタシュケントへ戻る。

  • 深夜

    ホテル・ウズベキスタン

    タシュケント国内線空港からホテル・ウズベキスタンまではタクシーで10US$。20ドルを連呼する運転手の中、10ドルまで負けさせて乗車。値下げ交渉もけっこう大変。

6日目 2018年05月04日(金)

  • タシュケント1日観光

    帰国の飛行機が夜便なので、タシュケントを1日観光。 タシュケントの地下鉄はトークン制。1200スムのトークンを1枚買えば、駅で降りない限りは乗り放題。

  • 09:00

    チョルスーバザール

    まず手始めはチョルスー市場から。お目当てはナッツとドライフルーツ。 天日干しをしたドライフルーツは日本で買うよりも何倍も甘みが強く、そしてふっくらとした口さわり。

  • ウズベキスタン歴史博物館

    歴史博物館はそんなに広くはないが、ウズベキスタンの歴史を古代から知るには最適の場所。 昨年行ったサマルカンドやブハラに関する展示も多く、日本では目にすることの出来ない貴重な展示物を沢山見ることができた

  • ナヴォイ・オペラ・バレエ劇場

    ソ連に強制連行された元日本兵たちが建築した(実際は、装飾建築を主に担当した) ナヴォイ・オペラ・バレエ劇場へ。当時の壁装飾が今も残っていた。

  • ウズベキスタン美術館

    ウズベキスタン美術館の見所はスザニ。お土産のスザニなんてただの刺繍に見えてくる、緻密なスザニの敷物や衣類にビックリ。本物のスザニは芸術品だった。

  • 食事

    ウズベキスタン美術館近くのカフェでランチ。英語メニューがあるのに、店員さんは英語を話せない。メニューを指さし注文なのだが、なかなか難しかった。

  • 15:00

    アライ・バザール

    市内中央部の小さなバザールでありアライバザールへ。 ここは野菜が中心のバザールで、美味しそうなさくらんぼがあったので購入し、おやつタイム。 地元の方向けのマーケットかと思ったのだが、意外に観光地化されていて、お土産用のナッツ類も沢山。

  • タシュケント国際空港(ユジュニ空港)

    タシュケント空港発21:20の大韓航空でソウルへひとっとび。

7日目 2018年05月05日(土)

  • 09:00

    仁川国際空港

    タシュケント空港を1時間半の遅れで出発した飛行機のソウルへの到着も1時間遅れ。最近、大韓航空は遅延が多いとの噂だが、噂通り。

  • 10:00~15:00

    トランジット・ツアー

    ソウルでのトランジットタイムは10時間。その時間を利用して、トランジットツアーへの参加。景福宮と仁寺洞を5時間で巡るツアーで、なかなか面白かった。入場料とランチがついて参加費はたった10US$。お得だよね。

  • 20:00

    成田空港(成田国際空港)

    成田空港着は定刻。GWの土曜日だったので混んでいるかと思いきや…、入国審査も並ぶことなくスルリ。

  • 深夜

    自宅

    荷物が出てくるまで30分。結構待ったかな。 何とか当日中に家に帰りつき、おやすみなさい。

前のスケジュール 続きを見る

この旅行記の予算(2人の旅行)

移動254,000円
宿泊23,000円
食事15,000円
ツアー代120,000円
観光35,000円
その他16,000円
合計463,000円
(一人当たり 231,500円)

メモ

☆予算の内訳☆
【移動】
国際線航空券(大韓航空) 230000円/二人
国内線航空券(ウズベキスタン航空) 24000円/二人 

【宿泊】
タシュケント2泊、ヒヴァ2泊、地獄の門(砂漠キャンプ)1泊

【ツアー代】
地獄の門1泊2日手配(ウズベクフレンズ/在日本に依頼):1000US$/二人

【観光】
入場券、現地申し込みのカラツアー等、ウズベキスタンスムでの支払い
韓国トランジットツアーでの買い物
US$払い可能だった観光費・タクシー代等
ちょこちょこ買った小さなお土産(2人で15000円位かな)

【食費】
ランチ、夕食、チャイハナで休憩(支払いはウズベキスタンスムのみ)

【その他】
国境でのトルクメニスタンビザ申請時の費用138US$/二人

Youは何しに、この世の果てへ/招待状は地獄行き☆国境を徒歩突破、地獄の門へへのコメント

コメントを見る(6)

  • animoさん 2018/07/10 00:45

    トルクメニスタンはその昔は個人旅行なんて考えられない位危険のある場所でしたが、この10年ほどで治安がぐっと良くなったようです。
    地獄の門のベストシーズンは春と秋。
    国内には古い遺跡も色々とあるのでトルクメニスタンをメインとする旅も面白いと思います。

  • チンくんさん 2018/07/09 10:18

    10年ほど前に中央アジアを旅行しましたが、治安の問題もあり、トルクメニスタンは断念してました。
    1度は行きたい国なので、旅行記参考にさせていただきます!

  • animoさん 2018/05/31 00:48

    トルクメニスタンの地獄の門は、知る人ぞ知る、地獄の絶景。
    10年ほど前までは治安もあまり良くなく、さすがの私でもいけなかったと思いますが、大統領が変わり、治安もかなり改善された様です。
    ガス・クレーターの縁に立つと、聞こえてくるのはガスの噴き出し音と上昇気流に煽られた炎が上げる重低音。
    想像以上の迫力が私を待っていました。
    旅行記2にも書いたのですが、夜はテント泊でトイレも草原ならどこでも…状態の一夜でしたが、それでも行く価値のあるところだと思います。
    度胸さえあれば、だれでも行けますよ♪

  • makoa187jpさん 2018/05/30 12:27

    表紙画像を見たとき、「火山かな?」と思いましたが、天然ガスに火がついたところとは・・・。
    それもかなり至近距離まで行けるというので、びっくりしました。行ってみたいですが、ハードルが高すぎますね。

    入国するのも自己責任、「地獄」へ行くのも自己責任ということですが、アグレッシブな行動力に脱帽です。

  • animoさん 2018/05/30 07:20

    トルクメニスタンとウズベキスタンはホレズム文化が栄えた国で、今回の旅で二つの国を跨いで旅をしたことで、その文化の流れを少しだけ理解できました。
    二つの国の遺跡は同じ文化の遺跡群ですが、トルクメンでの保存法はウズベクとは異なり、危険のない部分は時の経過による風化に任せるという保存方法でした。一見、乱暴に見える手法ですがそれがまた時代の移ろいを感じさせ、滅びてしまった都市のイメージを更に増幅させていました。
    さて、トルクメンへの入国ですが賄賂を支払っていたらもっと早かったのかもしれませんね。

  • にゃもにゃもさん 2018/05/29 17:13

    トレベクハニム廟の宇宙のモザイク画の美しさに写真でも感動しました。
    本当に細かくて美しい…。
    建設についてのエピソードは、王妃のしたたかさに怖いを通り越して感心しました。上手い…

    それにしてもウズベキスタンとの国境での入国ほんとに大変でしたね…;
    ガイドさんが来てくれてなかったらいったい更にどれぐらいの時間を費やしてたんでしょう…。

スケジュールをカレンダーに登録する

iCal形式 Webcal形式

旅行記は参考になりましたか?(現在1拍手)

拍手する

旅スケTOP > Youは何しに、この世の果てへ/招待状は地獄行き☆国境を徒歩突破、地獄の門への旅