× 閉じる

7つの絶景に逢いにいく茜色に染まる北海道プレミアム

1日目 2018年09月20日(木)

  • 11:25~13:05

  • 移動(バス)

  • サーモンパーク千歳

    地元野菜の直売店や北海道で大人気のレストランが充実!物販スペースでの「千歳へのこだわり」、施設内スペースを利用した「賑わいづくり」と「話題性」」のある「ちとせコニュニティーステーション」として活用されている。隣接する「サケのふるさと 千歳水族館」も2015年7月25日リニューアルオープン。時期になれば、敷地内で千歳川が流れ、鮭が川を遡上する風景が見られる。

  • 移動(バス)

  • 16:00

    キロロトリビュートポートフォリオホテル北海道

  • 食事

    ブッフェ

2日目 2018年09月21日(金)

  • キロロトリビュートポートフォリオホテル北海道

  • 08:20

    移動(バス)

    メープル街道393

  • 神威岬

    積丹半島にある岬。岬の付け根にある駐車場から先端部までは尾根沿いに整備された「チャレンカの道」と名付けられた遊歩道(770m 強風時は立入禁止)が整備され徒歩20分から30分ほど。遊歩道の高台からは左手の行く手方向に起伏に富みダイナミックな景観を造る神威岬の景観が、右手には「水無しの立岩」が望める。先端部は岩山がそのまま海へ落ち込んでいく断崖絶壁になっており、沖には神威岩という岩礁がある。

  • 移動(バス)

  • 小樽運河

    日本国内唯一となる海岸の沖合い埋立て方式で造られており、緩やかに湾曲しているのが特徴になっている。全長1,140 mあり、幅は臨港線沿いは20 m、北部(通称:北運河)は当時のままの40 mになっている。1986年(昭和61年)に運河の一部を埋立てて幅の半分が道路となって散策路が整備されると小樽市の観光資源になり、周辺地区を含めて観光地へと変貌した。散策路には63基のガス灯が設置されている。

  • 小樽運河食堂

    塩ラーメン

  • ぶらつく

    小樽フリータイム

  • 移動(バス)

  • 定山渓豊平峡ダム

    特定多目的ダムで、豊平川の治水、また札幌市の水源として定山渓ダム(小樽内川)と共に豊平川ダム統合管理事務所によって運用されている。高さ102.5mのアーチ式コンクリートダムで、道内では奥新冠ダム(新冠川)とこのダムの2基しかアーチダムは存在しない。ダム湖は定山湖(じょうざんこ)と呼ばれ、支笏洞爺国立公園内にあり紅葉の名所としても著名である。

  • 移動(バス)

  • 18:30

  • 食事

    バイキング

3日目 2018年09月22日(土)

  • 08:30

    移動(バス)

    ニセコパノラマライン

  • 神仙沼

    チセヌプリ溶岩台地に展開する神仙沼湿原(4.18ha)の中で最大の沼。 数あるニセコ山系の沼の中で最も美しい沼と称される。神仙沼湿原には池塘が点在しており、エゾカンゾウやワタスゲ等が咲き誇り、ニセコお花畑の一大拠点として賑わう。溶岩台地上に形成された高層湿原。湖の名前の由来はボーイスカウトの生みの親である下田豊松氏が「皆が神、仙人の住みたまう所」の感銘を受けて神仙沼と命名されたことによる。

  • 移動(バス)

  • 京極ふきだし公園

    北海道虻田郡京極町字川西にある公園である。羊蹄山の伏流水が湧出する区画を公園として整備し、湧水の採取スペースが設置されている。公園の湧水は、1985年(昭和60年)3月に環境庁(現・環境省)より「羊蹄のふきだし湧水」として名水百選の1つに選定された。1990年(平成2年)には、建設省(現・国土交通省)による手づくり郷土賞にふきだし公園は「生活を支える自然の水」の1つとしテーマパー選定された。

  • 移動(バス)

  • 三階滝公園

    北海道伊達市大滝区(旧大滝村)にある滝。落差10mを三段に落ちる。「大滝」の地名はこの滝に由来する。滝周辺は「三階滝公園」として整備されている。滝のそばには「甘露法水」と名付けられた湧水があり、地元住民を始め汲みに来る人も多い。紅葉の名所でもある。

  • 移動(バス)

  • わかさいも本舗

    どら焼きとコーヒー 昭和新山で焼きトウモロコシ

  • 洞爺湖

    北海道南西部に位置し、「洞爺カルデラ」内にできた湖。面積は日本で9番目、カルデラ湖としては屈斜路湖、支笏湖に次いで日本で3番目の大きさである。東西約11km、南北約9kmのほぼ円形の湖で、有珠山・昭和新山・洞爺湖温泉などがあり北海道有数の観光地域となっている。周辺が支笏洞爺国立公園に指定されており、洞爺湖有珠山ジオパークとして「日本ジオパーク」「世界ジオパーク」に登録されている。

  • 移動(バス)

  • 昭和新山

    北海道有珠郡壮瞥町にある火山。支笏洞爺国立公園内にあり、国の「特別天然記念物」に指定されている。また、有珠山とともに「日本の地質百選」に選定され、周辺地域が洞爺湖有珠山ジオパークとして「日本ジオパーク」「世界ジオパーク」に認定されている。有珠山とともに気象庁による常時観測火山に指定されている。山への立ち入りは禁止されており、特別な許可がなければ入山することができない。

  • 移動(バス)

  • 16:30

    ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ 

  • 17:30

    民芸御殿

    まるごとキンキ鍋噴火湾御膳

4日目 2018年09月23日(日)

  • ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ 

  • 10:00

    移動(バス)

  • 恵庭渓谷

    恵庭市街から道道恵庭岳公園線を支笏湖方面に進むこと約18km、圧倒的な森林の中、個性的な滝を有する恵庭渓谷があります。階段状に水が流れ落ちる「三段の滝」、真っ白な扇を広げたような「白扇の滝」、沢の両側がきりたち急流になっている「ラルマナイの滝」は、夏は水しぶきが清涼感にあふれる涼しげなグリーンシャワー、秋は紅葉と調和する風景が現れます。

  • 移動(バス)

  • 食事

    フリー

  • 14:45~16:35

    移動(飛行機)

    エア・アジア004便 ドリンク・ブランケットは有料

前のスケジュール 続きを見る

この旅行記の予算(1人の旅行)

移動0円
宿泊0円
食事0円
ツアー代0円
観光0円
その他0円
合計0円
(一人当たり 0円)

7つの絶景に逢いにいく茜色に染まる北海道プレミアムへのコメント

コメントはまだありません。

スケジュールをカレンダーに登録する

iCal形式 Webcal形式

旅行記は参考になりましたか?(現在0拍手)

拍手する

旅スケTOP > 7つの絶景に逢いにいく茜色に染まる北海道プレミアムの旅