× 閉じる

非日常でリフレッシュ ”ニューヨーク、ベルリン一人旅"

非日常でリフレッシュ ”ニューヨーク、ベルリン一人旅"

勤続年数の節目にあたり、5日間の休暇が取れる。日々日限に追われる仕事で疲弊した自分をリフレッシュすることを目的に、見たいものを見て、食べたいものを食べ、欲しいものを手に入れる旅に出た。

じむなすさんじむなすさん
旅行期間9日間
旅行目的有名スポット /一人旅
旅行時期2020年02月08日
拍手数0拍手
コピーされた数0
旅行先 [ドイツ
ベルリン
[アメリカ
ニューヨーク(ニューヨーク)
続きを見る

1日目 2020年02月08日(土)

  • 11:05~10:00

    移動(飛行機) / 日本航空

    当初予定は成田の夜便だったが、直前まで粘り強くcancel待ちした結果、羽田の午前便に変更できた。ラッキー。

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    予定より早く到着。入国審査では、どこから来たのか、何日滞在するのかを聞かれただけ。観光目的の場合は、あっさりしているのか。

  • ~11:30

    移動(電車)

    午前着であったため、AirTrain JFK REDと地下鉄を利用してホテルまで移動した。

  • 移動(徒歩)

    ホテルからセントラルパークまで歩いた

  • セントラルパーク

    土曜日の昼すぎ、あまり人がいない、寒いし当たり前か。閑散としているので雰囲気だけで退散

  • 移動(徒歩)

    地下鉄を使ってハドソンヤーズに移動

  • Hudson Yards

    周辺は工事中、これから発展するのかな。食事をと思ったが、混んでいるので先に進むことに。トイレは非常にきれいだった。

  • ハイライン

    ハイラインを歩きながら、スターバックス リザーブ ロースタリー ニューヨーク店に移動。風が強く寒いが、観光客がそれなりに歩いている。

  • Starbucks Reserve Roastery New York

    コーヒーを飲もうと思ったが、すごく混んでいたのでお土産探しに変更。リクエストを電話で確認と思ったが、早朝過ぎたので、最終日に再訪することとする(再訪できず失敗した)。

  • 15:15

    チェルシーマーケット

    ロブスタープレイスでかなり遅めの昼食。 冷えた体にクラムチャウダーが染み渡る。美味しかった。

  • ~15:35

    食事

    チェルシーマット、ロブスタープレイスでかなり遅めの昼食 冷えた体にクラムチャウダーが染み渡る。美味しかった。

  • 15:30

    移動(電車)

    地下鉄を使ってロックフェラーセンターに移動 ビルの入口はすぐにわかったが、中で迷った

  • 16:50

    トップ・オブ・ザ・ロック展望台

    黄昏時に訪問 夜景を堪能したかったが、ちょっと切なくなったので、 人ごみを求めタイムズスクエアに移動

  • 17:10

    移動(徒歩)

    歩いてタイムズスクエアまで移動

  • 17:30

    タイムズスクエア

    寒いけど人がたくさんいる コスプレしている人を撮影すると、撮影料を要求されるので注意

  • 18:00

    食事

    Apple Bee’sで晩ごはん 日本のファミレス感覚、一人で気軽に入れる ゆっくりできるけど、それなりの値段になる 8ozステーキ、ビール2杯、チップ込みで$47

  • 移動(徒歩)

    歩いてホテルまで帰る

2日目 2020年02月09日(日)

  • 07:30

    移動(電車)

    移動は公共交通機関と徒歩、MetroCard、unimited7日間を購入。事前調査でクレジットカードの場合は、zipコード99999入力でOKだったが、アメックスは発行が日本でも駄目だった。アメリカの会社以外はOKだった。

  • 08:10

    ブルックリン橋

    ハイ・ストリート - ブルックリン・ブリッジ・ステーションで下車し、ブルックリンブリッジに向かう。橋への入口となる階段まで、途中に標識があり迷わずたどり着けた。マンハッタンに向かって歩く。テンションが上がる。

  • 09:50

    ワールドトレードセンター

    ロウアーマンハッタンをぶらぶらしながら、ワールドトレードセンターを目指す。自動券売機でチケットを購入。朝一のためか、全く並ばず展望台へ。天気が良く視界良好、セントラルパークまで見えた(多分)

  • 10:30

    移動(電車)

    途中、トリニティ協会、フィデラル・ホール、ニューヨーク証券取引所、チャージング・ブルに立ち寄りながら、地下鉄でリトルイタリーに移動

  • 11:30

    チャイナタウン&リトルイタリー

    カナルストリート駅下車。土地柄か道路脇にごみが目立つ 怪しげなカタログを持ったおばさん達が、通る人に売り込みしている。日曜日の昼前で、店が全く開いてない。昼食目当てでチャイナタウンへ。旧正月のイベント準備で休業多数。あきらめて防寒着を買いにセンチュリー21に移動。

  • 12:30

    移動(電車)

    来たルートを戻る

  • 13:00

    センチュリー21

    フードコートではニューヨークの風を凌げない。ダウンを探しに行った。POINT ZERO -40℃でもOKを50%OFFで購入。OFFプライスのブランド品が多数、サイズが合えばお買い得。買い物好きにはたまらない???

  • 13:40

    ボーリンググリーン

    朝買ったサンドイッチを持ってきたことを思い出す。 公園のベンチで食べる。風がなく、心地よい。雰囲気が良い公園だ。

  • 14:15

    移動(電車)

    荷物をホテルに置くために、地下鉄で移動。 ホテルで小休止。小腹が空いたので、グランドセントラル駅のフードコートを目指すことに。

  • 15:30

    移動(バス)

    ニューヨーク初のバス移動。google mapを駆使。前乗り、Metro Cardを差し込む。お客は少なく、途中から貸し切り状態。結構スピードを出すので、バンバン跳ねる。運転が荒い。降りる停留所が電光掲示板に表示されたらStopボタンを押す。音はしないがRepuestedの表示が出て止まる。後ろの扉は手で押さないと開かないので注意。

  • 15:50

    メットライフ・ビル&グランドセントラル・ターミナル

    途中セントパトリック大聖堂に寄る。ステンドグラスが有名らしいが、教会はヨーロッパの迫力にはかなわないかな。グランドセントラル駅はイメージと違い、歩いて通り過ぎてしまうほど、こじんまりとした外観。中はホームが多く操車場のよう。全体的に薄暗く、あまりワクワク感がしない。フードコートは美味しそうなお店が並ぶが、イートインエリアがパブリックスペースで、寒さをしのぐ人たちが居てちょっとガラが悪い。ここに座って食べようとは思えず、断念。

  • 移動(バス)

    今回爪切りを忘れた。ドラッグストアやコンビニを探したが見つからない。タグのカットにも重宝するアイテム。はさみの調達に変更し、近くの文房具店をgoogeで探す。バスで行けそうなので移動する。

  • ワシントンスクエア公園

    最寄りのバス停で降りると、前方に凱旋門が見える!?。後で調べるとワシントンスクエア公園だった。大きな石門を見るとテンションが上がる。

  • 17:20

    Goods For The Study

    おしゃれな文房具屋。日本のメーカ品が多く、全体的に値段が高め。はさみを購入したが$17。これも日本のメーカ(penco)で、日本の倍の値段だった。結果、逆輸入のお土産となる。

  • 移動(電車)

    地下鉄は、行きたい方向の終点を覚えると、間違った方向に乗ることは無くなる。各駅だけではないので注意が必要だが、各駅か急行かは、乗っても分からなかった。見分ける方法が不明。

  • 18:00

    junior's(タイムズスクエア)

    junior'sで晩ごはん。カウンター席でハンバーガーの種類を注文、焼き加減を聞かれる。付け合わせは頼まなくても、フレンチフライとオニオンリング。ピクルスはいるかと聞かれたので、Yesと答えると5cmほどの長さで3本出てきた。程よい酸味が良い箸休め。デザートはオリジナルチーズケーキ(これが真の目的)とコーヒー。サイズは思ったほどアメリカンではなかった。甘すぎず、しっかりとしていて美味しかった。アルコール無しで$36。

  • 18:45

    ディズニーストア

    下見のために立ち寄る。。最終日にお土産を買う予定。店内込み合っている。2Fにアナ雪コーナー。

  • 19:15

    移動(徒歩)

    19時を過ぎるとブランド品らしきもの売るを露店が増えてくる。ちょっとガラが悪くなり、足早にホテルに帰った。

3日目 2020年02月10日(月)

  • 今日は雨。予定を変更して、スーパーマーケット巡りと自然史博物館、メトロポリタン美術館をはしごすることにする。

  • 移動(電車)

    地下鉄でコロンブスサークルに移動。地上に出てからお店の入口がわからず、1周してしまった。ザ ショップス アット コロンブス サークルの中にあり、入口はそこだった。30分ほどタイムロス。

  • ホールフーズ・マーケット

    9時過ぎでも、店内はそれなりに人がいる。エコバック(reusable bag)、塩、インスタントのデカフェを購入。 レジは買い物量に応じて並ぶ列が異なる。列の先頭になりレジ番号のランプがついた場所に行って購入する。そんなに広くないが、品物の配置、配列が日本とは異なるので、探すのに苦労した。お店の人に聞けるほどの会話力なし。

  • 移動(電車)

    よく考えると、買い物を持っての移動は賢くない。入場時のセキュリテイチェックで止められることもある。ホテルに戻ることにする。ここでも時間をロス。開館までの空き時間を有効活用しようとして失敗。

  • 移動(電車)

    ミスの連鎖が止まらない。今度はexpress trainに乗ってしまった。最寄り駅に止まらず電車は先に進む。止まったのはハーレム入口付近(慌てていたので覚えていない)。ホームに人はまばら、雰囲気も良くない。急いで反対方面に乗り換えて戻る。乗った電車は各駅停車だった。

  • 10:40

    アメリカ自然史博物館

    10時の開館に間に合わず。ハイシーズンではないので、行列なし。チケット売り場に並びCity PassのQRコードを見せ、チケットに交換。ドームシアターの予約をする。12時から、10分前までに集合すること。

  • 12:45

    移動(バス)

    バスで移動。セントラルパークを横断。歩ける距離だが、人通りが少ないのでバスが無難。

  • 12:55

    メトロポリタン美術館

    入館時に持ち物検査。カバンの中を見せる。ペットボトルは持ち込めない。City Passは自動券売機でチケットに交換が必要。係りの人が親切にナビ(操作)してくれた。ありがとう。

  • 15:00

    移動(バス)

    バスでゼイバーズに向かう。バス利用にも慣れた。このバスには、停留所の電光掲示板が無かった。google mapのナビ機能を使って、無事最寄りの停留所で降りた。

  • 15:15

    ゼイバーズ

    1Fは食料品、2Fに調理器具や日用品、家電を売っていた。色々なものが所狭しと並んでいて、見ていて飽きない。地元のスーパーという感じ。お土産にエコバック、キッチンタオルを購入。併設のカフェでコーヒーと惣菜パンを買い昼食。日本人が珍しいのか、イートインで注視され、落ち着かなので早々に退出。

  • 15:40

    移動(電車)

    地下鉄でトレーダージョーズに移動する。

  • 15:50

    トレーダー・ジョーズ

    1Fは入口だけ、売り場は地下。今日回った3か所では、ここが一番雰囲気が良かった。エコバックと塩を購入。

  • 16:20

    移動(電車)

    地下鉄でホテルの最寄り駅まで移動

  • 移動(徒歩)

    ホテルに荷物を置き、休憩。今晩はアラジンを観劇する。チケットは公式サイトからネット購入したが、モバイルチケット選択に失敗したため、劇場の窓口でチケットに交換が必要。雨はやんでいたため、ブロードウェイまで歩く。

  • 19:00

    ニューアムステルダムシアター

    何を観るか迷ったが、言葉がわからなくても、ストーリーを知っているので楽しめると思い選択。舞台は迫力があり、面白かった。魔法のじゅうたんが宙に浮く仕掛けは謎。

  • 22:00

    移動(電車)

    駅構内は足早に移動。パフォーマー、大きな声で叫んでいる人、ちょっと雰囲気怖くなった。遅い時間の移動はドキドキする。

4日目 2020年02月11日(火)

  • 10:00

    移動(電車)

    目が覚めたら9時前だった。疲れがたまっているのか、時差に慣れたのか。外は雨、明日晴れる保証がないこと、最終日は余裕を持っておきたいことから、悩んだが自由の女神に行くことにする。

  • 11:15

    バッテリーパーク

    ボウリンググリーン地下鉄駅で降り、チケット売り場を目指す。相変わらず迷いながら到着。City Passは専用のブースがあるが、雨、オフシーズンのため人影まばら。次に出るフェリーに乗れた。

  • 12:25

    自由の女神(リバティ島)

    王冠に登るチケットは予約していないため、自由の女神の周囲を回る。曇りで、霧もでているため、眺めはいまいち。初日、ワールドトレードセンターの後に行けばよかったと後悔。人が少なく、のんびり見れたのでよしとする。

  • 14:00

    Delmonico’s

    予約なしだが、時間が遅かったからか空いては入れた。今日も遅めの昼ご飯。この旅行唯一のレストラン。lunchメニューがなかったため、予定の倍かかってしまったが、美味しかったのでよしとする。

  • 15:30

    9/11 トリビュート ミュージアム

    City Passを利用。入場の列に並び、QRコードを見せるだけでOK。当時の生々しい記録が、建造物の一部として残っていた。 政治家が視察に来ていたが、誰かはわからなかった。SPが囲んでいたが、写真撮影はOKだった。

  • 16:20

    移動(電車)

    夜景を見に、エンパイアステートに移動する

  • 16:40

    メイシーズ

    途中Macy'sに寄る。時間がなく、ざっと見て移動。

  • 17:20

    エンパイア・ステート・ビル

    City PassはQRコードをScanのみでOK。唯一チケット売り場をショートカットできた。全く並んでなく、展望台へのエレベーターに乗る。セキュリテイチェックはベルトまで外す。ニューヨーク最後の夜、黄昏の街並みを臨む。

  • 18:15

    移動(電車)

    ホテルに戻る。

  • 18:40

    移動(車)

    イエローキャブに初めて乗る。これまでの渡米時は、Uber利用が多かった。どこから来たのか聞かれ日本と答えると、新型コロナが無いので素晴らしいと言われた。日本人が欧米人の見分けがつかないように、アジア人の見分けがつかないようだ。

  • 18:55

    リンカーン・センター

    リンカーンセンターに移動。ニューヨークフィルのコンサートを聴く。チケットは日本で公式から購入。モバイルチケットは無く、エアメールで届く。いい席と呼ばれるものは、発売初日に売り切れるらしい。現地時間の発売時刻に合わせてアクセスした。公式は余計な手数料がかからなので、その分良い席に予算を回せるのがメリット。

  • 22:00

    移動(電車)

    タクシーで帰ろうと何台か交渉したが、遠距離を狙っているらしく、乗車拒否の嵐。地下鉄で帰ることにする。駅構内は閑散としていて、怖い。地下鉄を降り、地上に出るまでも人通りが無く怖い。地上に出ると人通りが多いので安心。

  • ぶらつく

    晩ごはんを食べていないことに気づき、シェイクシャックに寄り、テイクアウトする。タブレットまたはカウンターでオーダーする。オリジナルビールを頼もうとしたが、アルコールの販売許可時間を過ぎていたので買えなかった。

  • 23:00

    ホテルのバー

    ホテルのバーで、ブルックリンラガーのドラフトとバドライトを飲む。つまみのナッツが相変わらず美味い。かなり詰め込んだが、ニューヨークを満喫できたと思う。来てよかった。

  • ホテルのバー

5日目 2020年02月12日(水)

  • 午前

    ニューヨーク最終日。晴れ。午前中は、お土産を買いに行く。ディズニーストア、5番街の散策後ティファニーで買い物。サラベスのパンケーキで〆めようと思ったが、行列が出来ていたので諦める。

  • 14:00

    移動(電車)

    レイトチェックアウトし、JFKに向け地下鉄で移動。途中パフォーマーが乗り込み、押し売りのパフォーマンスを始める。観光客のコイン目当て。ローカルの人はガン無視。

  • 14:30

    Jamaica Station (AirTrain)

    エアトレインに乗り換え、JFKに。乗り換えは$7.5。行に買ったMetroCardにチャージして、すべて使い切る。空港方面の券売機は日本語を選べるものがあった。ニューヨーク方面も、探せば日本語対応機があるかもしれない。

  • 18:50

    移動(飛行機) / ブリティッシュ・エアウェイズ

    次の目的地ベルリンには、BAを利用してヒースロー経由で移動。ニューヨークを夕方に出発し、ベルリンには午前中に着く。体力勝負だが、ニューヨークの最終日、ベルリンの初日を満喫できるフライトだと思う。T7はこじんまりとしていて、お店も少ない。

6日目 2020年02月13日(木)

  • 07:20

    トランジットのため空港内を移動。案内板に沿って行けば大丈夫。国際線乗り継ぎの人も居るので、流れについていけばなんとでもなる。乗り継ぎ時間2時間であったが十分。セキュリテイチェックで、JFKで購入した歯磨き粉を手荷物から出すのを忘れ、詳細チェックに回された。すぐにチェックしてはもらえず、焦る。

  • 08:55

    移動(飛行機) / ブリティッシュ・エアウェイズ

    T5からベルリンに向け出発。席は窓側が取れたので、風景を楽しみながら2時間ほどのフライト。洋上ウインドファームが圧巻。再エネ推進国の片りんを見た。テーゲル国際空港は、想像以上にコンパクト、設備も古いが趣がある。

  • 11:45

    ベルリン・テーゲル国際空港

    ヒースローでのトランジットでは、手荷物検査有り。テーゲル国際空港に到着。入国審査では、目的と滞在期間を聞かれただけ。

  • 11:40

    移動(車)

    帰りのフライトが早朝便のため、ルフトハンザワールドショップに寄って、リモワルフトハンザを購入。お店は小さかったが、目当てのものがあったので良かった。日本語が少し話せる店員さんでした。荷物が増えたので、タクシーでホテルまで移動する。タクシーはメルセデスでした。

  • チェックイン後、少し休憩のつもりが痛恨の寝落ち。目が覚めたら18時過ぎ。急いで着替え、食事ができそうな場所を探しに出かける。この寝落ちから、ベルリン滞在がグダグダになる。

  • 移動(徒歩)

    フードコートを探しにモールオブベルリンに行く。

  • 19:00

    モールオブベルリン

    開場時間を考えると食べてる時間が無いことに気づく。 諦めて会場に向かう。

  • 20:00

    コンサートホール

    ベルリンフィルハーモニーを聴く。圧巻の演奏。クラシックは素人だけど、ニューヨークフィルが霞んでしまった。

  • Neue Kirche

    Neue Kirche ライトアップされていてきれい

  • 22:30

    ホテルのバー

    ホテルのバーでドイツビールを堪能。ドラフトを3種類飲む。美味しいし、安い(全部で€15)。

7日目 2020年02月14日(金)

  • 07:00

    ホテルのレストラン

    ホテルで朝ごはん。アルコールも置いてあったが自重する。

  • シェアキックボード

    シェア電動キックボード。システムを調べていなかったので利用は断念。流行っているみたい。

  • 08:20

    ブランデンブルク門

    彼方から見える必要があるから、石門は大規模になる。建造方法を考えると、テンションが上がる。

  • 08:40

    ドイツ連邦議会議事堂(旧帝国議会議事堂)

    ガラスドーム見学の当日予約をするために事務所に行く。パスポートを見せないと予約できない。ホテルに取りに行くロスを考え、予約を断念。後で考えるとベルリンに次に来れるか分からないから、往復50分弱はロスでは無かった。ほんとグダグダ。

  • 移動(電車)

    Sバーンを使ってイーストサイドギャラリーに移動。券売機で1日券を購入。日本語対応無いが、英語で何とかなる。これでバスも乗れる。日付登録は別の機械。改札は無い。自分が行きたい方向の終点駅側に乗る。車窓の景色を楽しむ。高層ビルが無い。ヨーロッパの古い町並み。

  • ウーラニアー世界時計

    アレクサンダー広場にあるウーラニアー世界時計を見にいく。 明日は東京に向けて帰るかと思うと、あっという間だったなぁ。

  • テレビ塔

    展望エリアからは、ベルリンの街並みが一望できるらしいが、今日は曇っていてテレビ塔の先端が見えない。眺望が期待できないので、登るは止める。 

  • 赤の市庁舎

    赤レンガ作りの建物。ここだけ赤いので非常に目立つ。中にはは入らなかった。

  • ベルリン大聖堂

    ドームの一部は改修中。緑青がきれい。時間に余裕がないため、内部の見学は諦めた。

  • ペルガモン博物館

    上着はクロークで預けられたが、ショルダーバックとコートは大型の貴重品ロッカーに入れた。€1硬貨が必要。昨晩スーパーで水を買った時のおつりが役に立つ。手ぶらにならないと入場できない。古代遺跡の復元展示は迫力満点。建造物の大きさは、権力の象徴だったのか。

  • 新博物館

    古代エジプトの遺物を見学に、新博物館に行く。ペルガモン博物館からの連絡通路から入場する。ここも手ぶらでしか入場できないので、荷物は預けたままにするのが良い(預けるために戻った)。遺跡の復元展示をしていた。古代エジプト好きが満足する展示内容と思う。ネフェルティティの胸像は神秘的だった。

  • ぶらつく

    銃撃戦の跡が生々しい。ヨーロッパの街は、普通に遺物に触れることが出来るのがいい。

  • 13:20

    移動(バス)

    昼ご飯を食べに、カーデーヴェーにバスで移動する。バスは前乗り、一日券をリーダーに通す。2F席からベルリンの街並みを堪能。戦勝記念塔を経由して、最寄りのバス停で降りる。gogole mapのナビ機能に助けられた。

  • カーデーヴェー

    フードコートに行くが、システムが良くわからない。表記がドイツ語のみ。聞けばいいのだけれど、めんどくさくなって止めた。惣菜店のイートインは席が空いていない。カーデーヴェーの前にあるOriginal Berliner Currywurst でカリーブルストを購入。コーラとのセットで€8.6高い。味も....。

  • 移動(電車)

    食後のデザートを買いにUバーンからSバーンに乗り換えて移動。ブッフヴァルトを目指す。目立つ看板が出ているわけでなく、見つけられずに通り過ぎる。google mapのナビ機能に助けを求める。バウムクーヘンとチーズケーキをテイクアウトする。

  • 15:00

    ホテルに戻り小休止のつもりが、また寝落ちしてしまう。 目が覚めたら21時。近くのスーパー(REWE)にお惣菜を買いに行くが、売って無い。買ってきたケーキを夕食にした。バウムクーヘンは甘すぎず美味しかった。

前のスケジュール

この旅行記の予算(1人の旅行)

移動13,167円
宿泊173,117円
食事32,035円
ツアー代0円
観光55,660円
その他0円
合計273,979円
(一人当たり 273,979円)

メモ

備忘録(情報はすべて2019-8時点でのもの)
今回は、ワンワールド特典航空券を使用して、東回り世界一周を実施
・特典航空券の手配について(JALマイルを使用する場合)
1)JALホームページ、提携社特典航空券、マイル計算機を使用し、行きたい都市を選び総フライトマイル数を確認する。このマイル数に対して交換に必要なマイルをワンワールド特典航空券の必要マイル早見表で確認する。
交換マイル数が足りていれば旅程を立てる。足りていない場合は、行き先を変えるか、マイルを貯める。
2)旅程からフライト案を決める。フライト案の作成は、ワンワールドアライアンスのHPから、世界一周旅行の計画とご予約を選択、必要事項を入力し、新しい旅程の作成を選択、画面の指示に従って行先を選択する。都市をすべて選択(出発地と帰着地を同じにする)したら、フライトの選択に進む。日にちを選択するとフライト一覧が表示されるので、その中から希望を選ぶ。フライト計画がない場合は表示されないため、日程変更するか、行き方変更するなど調整する。フライト案が決まったら特典航空券枠の空席確認を行う。
3)空席確認の概略手順は次の通り。
JALのHPから希望するフライトの特典枠空席を確認する。
JALのHPでは直行便しか検索できないので、one worldを使用して目的地まで経由しながらの移動する場合は、カンタス航空、ブリティッシュエアのHPで確認する。どうしても外せないルート、日程から優先的に確認する方が効率的。
空席が無い場合は、日程を変更する、行き方を変えるなど調整するしかない。
すべてのフライトで空きが確認できたら、JALの特典予約窓口に電話し、予約する。
事前に自分で確認しないで、JALに電話して空席探しをしてもらう方法もあるが、希望が合わない場合に変更案をすぐに提示する等が必要であり、事前準備した方が結果的に効率的。HPでは空席ありでも電話窓口での確認では空席が無い場合もある(今回は実際に空席が無いケースがあった)。座席指定ができるので、SeatGuruなどで確認できるようにしておくとよい。
補足
カンタス航空とブリティッシュエアのマイレージ会員(無料)となる。会員になっていないと特典航空券枠の閲覧ができない。
カンタス航空のHPでフライト予約画面のUse points - Classic Flight Rewards onlyにチェック(これで特典航空券枠の検索となる)を入れ、条件を入力しログインする。表示されたフライトから空席を探す。空席が無い場合は搭乗クラスを変更するか、日程を変更する。月別表示も可能。
ブリティッシュエアで確認する場合は、特典フライトの空席状況メニューで、Aviosを使用するにチェックして検索すると特典枠の空きを確認できる。
ブリティッシュエアの検索で空きがあれば、大丈夫な場合が多い。

非日常でリフレッシュ ”ニューヨーク、ベルリン一人旅"へのコメント

コメントはまだありません。

スケジュールをカレンダーに登録する

iCal形式 Webcal形式

旅行記は参考になりましたか?(現在0拍手)

拍手する

旅スケTOP > 非日常でリフレッシュ ”ニューヨーク、ベルリン一人旅"の旅